IPU・環太平洋大学

イベント

22名の学生がニュージーランドの小学校でAll Englishの教育実習!

教育経営学科3年生の「青年教師塾」に所属する22名がニュージーランドの小学校、Whakarongo Schoolで3日間、小学生400名と一緒になってショーを創りあげる活動「表現教育」にチャレンジしました。

 

表現教育とは本学が力を入れている取り組みの一つで、教員を目指す学生たちに身に着けてほしい「表現力・指導力・コミュニケーション力」の向上を目的としています。

 

本学では毎年、全米・ヨーロッパ・アフリカ・アジアで活動を展開している「ヤングアメリカンズ(YA)」を招き、3日間でショーをつくり上げるインターナショナル・ミュージック・アウトリーチのワークショップを行っています。今回参加した学生はそこでの経験に加え、大学2年次には広島にある小学校にて、学生と子どもたちでショーを作りあげる、「表現教育」のプログラムを経験しました。それらの経験を踏まえて、今回は言語・文化も全く異なる地で、全て英語で指導・活動を行いました。

 

毎日2時間ずつ全児童にダンスや歌の指導を行うと同時に、教室での授業の様子を見学させて頂くなど、教育実習生として学習も兼ねた活動です。

 

学生らは2か月間の猛特訓を行い、3日目のショーデイを迎えました。本番では学生だけのサプライズステージを披露し会場が沸く中、その後は400名の児童と共にショーを完成させ、保護者や地域の方々から大きな拍手を頂きました。

 

英語でのコミュニケーション、慣れない環境での活動を見事成功させ、涙ぐむ学生も見受けられました。