学部・学科紹介

体育学部 健康科学学科

体育学部で柔道整復師になれるのはIPUならでは。得意分野をもつ医療人として活躍できます。

「医学」「スポーツ科学」「健康科学」といった、さまざまな学問領域を学ぶ健康科学科。幅広い領域の知識を豊富な実習・演習授業の実践を通じて自分の力とし、スポーツ界を、また、地域社会の人々の健康を支えることのできる医療人を目指します。
国家資格「柔道整復師」をはじめ、「アスレティックトレーナー」や「健康運動指導士」、また、「初級障がい者スポーツ指導員」の資格取得を目指すこともできます。

健康科学科の特徴

健康科学科の特徴

医学、スポーツ科学、健康科学体育学部ならではの学問領域

日本全国の大学の体育学部の中で、柔道整復師の資格が取得できるのは本学の健康科学科のみです。体育学部だからこそ実現できた独自のカリキュラム編成により、健康科学と柔道整復の知識・実技を用いて、スポーツ医科学的側面をサポートできる人材を育成します。

トレーニングセンター、附属整骨院実践の施設が学内に豊富

世界レベルのアスリートが在籍するIPUでは、スポーツ選手のコンディショニングなどに関わる附属整骨院やトレーニングセンターなど、スポーツ関連施設が豊富。体育会の選手らが活用するこれらの施設は、健康科学科の学生にとって貴重な実践の場となっています。

  • 大学附属鍼灸整骨院

    キャンパス内にある大学附属鍼灸整骨院

  • 鍼灸整骨院

    最新の治療機器を完備した鍼灸整骨院は、ベッド数も7つあり、常にスタッフが駐在する。

柔道整復師資格・全員合格へ!「健志会」によるキャリア支援

4年次の柔道整復師国家試験合格、希望先への全員就職の実現に向けて、1年次から4年次まで、キャリアパスを支える支援体制を整えています。内部教職員によるキャリア教育や、外部講師による講演、学内就職セミナーなど、多彩なプログラムであなたをサポートします。

「人間的やさしさを持ち合わせた柔道整復師」を育成します

健康科学科 学科長 飯出 一秀

「健康科学」への深い知識、実践力のある専門技術、そして患者さんとの対峙で求められる豊かな人間性と個性。アスリートを筆頭に、多くの人々の健康を支える「医療人」柔道整復師には幅広い資質が求められます。本学科では健康社会を牽引する「やさしさを持ち合わせた柔道整復師」を育成します。

Profile
博士(栄養科学)、柔道整復師、機能訓練指導員認定柔道整復師、(公財)日本体育協会公認アスレティックトレーナー、スポーツプログラマー、JATI認定上級トレーニング指導者、(公財)日本障がい者スポーツ協会認定スポーツトレーナー、(公財)日本オリンピック委員会空手道医科学スタッフ、(公財)全日本空手道連盟医科学委員会委員、選手強化委員会委員(医科学)、アンチドーピング委員会委員、(公財)日本アンチドーピング機構シニアDCO 等

副学科長 准教授 早田 剛

力学・生理学・解剖学などを通して
「自ら学べる授業」をします

副学科長 准教授 早田 剛

博士(健康科学)。専門分野はバイオメカニクス・運動学・装具学。日本体力医学会評議員・岡山体育学会監事。医療衛材メーカー医工学研究所出身、装具関連・健康増進関連・柔道整復師国家試験対策に関する研究に従事。

准教授 古山 喜一

授業を通じ、医療人に欠かせない
コミュニケーション力を高めます

准教授 古山 喜一

修士(体育学)。専門分野は柔道整復・健康科学。(公)日本柔道整復研修試験財団柔道整復認定実技審査委員、(公)健康・体力づくり事業財団健康運動実践指導者実技評価員、日本認知症予防学会エビデンス創出委員会実行委員(運動分野)等。

講師 三瀬 貴生

柔道整復師・トレーナー目指し
現場で使える技術を身につけよう

講師 三瀬 貴生

修士(体育学)。柔道整復師、(公財)日本体育協会公認アスレティックトレーナー、平成26年度日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学/水泳競技)。

4年間のカリキュラム概要(初等教育)

教養科目
(24単位以上)
  • ■語学と基礎技術の理解
    英語Ⅰ・Ⅱ、英会話、体育理論・実技、情報リテラシー、統計学、日本語表現 など
  • ■人間の理解
    心理学、コミュニケーションの心理学、生涯学習論、人間と法 など
  • ■自然の理解
    数学、生化学、生物学、食育論、地球環境と生活 など
  • ■社会の理解
    日本国憲法、岡山学、政治・経済学、地理学、時事問題、日本伝統文化 など
  • ■キャリアプランニング
    フレッシュマンセミナー、キャリアデベロップメント、キャリアデザイン、キャリアサポート、基礎ゼミナール など
専門基礎科目
(28単位以上)
  • ■体育学
    体育原理、健康科学概論、体育心理学、スポーツバイオメカニクス、運動生理学、スポーツ栄養学、スポーツ法学、コーチング論、スポーツメンタルトレーニング論、国際スポーツ論、幼児スポーツ論、スポーツイベント論、フィットネスプログラム論、武道指導論、運動遊び・ゲームの実際 など
  • ■健康科学
    健康管理概論、トレーニング演習、解剖学Ⅰ、生理学Ⅰ、病理学Ⅰ、トレーナー論、アスレティックリハビリテーション論、スポーツ障害論、スポーツ心理学、スポーツと食事、予防とコンディショニング、運動学特論、公衆衛生学、解剖・生理学実習、基礎柔道整復学 など
コア科目
(71単位以上)
  • ■健康運動分野
    スポーツ健康論、スポーツ健康実習、介護演習 など
  • ■柔道整復分野
    医学・柔道整復の歴史、解剖学Ⅱ、生理学Ⅱ、公衆衛生学Ⅱ、病理学Ⅱ、外科学Ⅰ、内科学Ⅰ、整形外科学Ⅰ、リハビリテーション医学Ⅰ、臨床柔道整復学Ⅰ など
  • ■体育実技・柔道整復実技
    ダンス、柔道Ⅰ(基礎)、柔道Ⅱ(応用)、整復学実技Ⅰ(包帯法Ⅰ)、整復学実技Ⅲ(上肢・固定法Ⅰ)、整復学実技Ⅶ(総合) など
  • ■スポーツ医科学分野
    アスレティックトレーナーの役割、保健体育科指導法Ⅰ(基礎)、運動器の解剖と機能Ⅰ、救急処置、健康管理とスポーツ医学、検査・測定と評価Ⅱ、スポーツ外傷、障害の基礎知識、運動生理学、アスレティックリハビリテーション など
  • ■インターンシップ
    健康運動実習、アスレティックトレーナー実習Ⅰ、整復臨床実習Ⅰ、海外研修 など
  • ■ゼミナール
    ゼミナールⅠ(基礎)、ゼミナールⅡ(応用)、卒業研究、課題研究Ⅰ など

柔道整復師養成施設必須科目85単位、大学必修科目39単位以上を加えた卒業要件124単位以上を修得しなければならない。

※2016年4月からのカリキュラムおよび内容等は変更の可能性があります。

主な進路&業種

想定される進路
  • 整骨院
  • 病院
  • 福祉・介護施設
  • 医療系一般企業
  • プロスポーツチーム
  • 研究者
  • 公務員(保健職域)
  • スポーツ・フィットネスクラブ
目標とする取得免許
  • 柔道整復師
  • アスレティックトレーナー
  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者