IPU・環太平洋大学

お知らせ

茶道サークルが着物姿でおもてなし

瀬戸町茶道の会の新春茶会が1月7日(日)に瀬戸公民館で開かれ、環太平洋大学の茶道サークルのメンバーが着物姿でお客様をお迎えし、抹茶と和菓子で新春のひとときを楽しんでいただきました。
当日は、170名を超える方たちがお茶席を訪れ、学生のお点前やお運びなどによって「千代の糸」という新春にふさわしい銘の和菓子と抹茶を味わっていただきました。その様子は、オニビジョンが取材に来て、地元岡山県のテレビニュースでも放映されました。ベトナムからの留学生も着物姿で4名参加し、日本の生活や文化に溶け込んでいる様子に感嘆の声が聞かれました。環太平洋大学では体育会だけではなく文科系のサークルも盛んに活動しています。