IPU・環太平洋大学

お知らせ

西日本電信電話(株)岡山支店の西谷支店長による特別講義開講

現代経営学科において、「現代のビジネス」を学ぶことを目的とする「ビジネス特別講義Ⅰ」の授業が開講し、西日本電信電話(株)岡山支店の西谷紀彦支店長をお招きして、受講登録学生のほか、学内の聴講希望者に広く公開した特別講義を実施しました。
授業では、最初に、情報通信産業全体についてお話があり、この30年間で5倍の規模に成長、携帯電話や光通信、Wi-Fiなど30年前には存在しなかった新たな世界が生まれたこと、今後も「AI」(人口知能)、「SDGs」(持続可能な開発)などの分野で通信産業がさらに重要な役割を担い発展することが期待されていることについてお話がありました。
さらに、後半では、西日本電信電話(株)が属するNTTグループ全体の経営戦略のほか、「創造と使命」という経営理念についてお話があり、NTTは国内だけでなく海外にも事業を展開していること、観光・医療・地域など通信とのコラボボレーションによる社会課題解決の分野を重視していること、しかし、他方でその様な新たな事業展開の裏で安全安心を守るための通信インフラの整備にも多大の努力を注入していることなどについて、スライドやビデオをお使いになりながら分かり易く解説頂きました。
最後に、「学生は無限の可能性を秘めていること」、「それを活かすのは情熱と日々の心がけであること」また「NTTグループには、情熱を持つ者であれば、理系・文系の区別なく取り組むことのできる多くの仕事があること」など、西谷支店長ご自身の熱い思いも学生に語りかけて頂く授業となりました。
聴講した学生からは、「NTTのイメージが大きく変わった」「NTTの新たな取組みに興味が湧いた」などの意見が多数寄せられました。
現代経営学科の「ビジネス特別講義Ⅰ」では、今回の特別講義と併せて、計3名の地元経営者にお越し頂きお話を伺うこととしており、企業への就職を希望する学生に広く特別講義を公開する形で授業を進めています。