IPU・環太平洋大学

お知らせ

2018年冬完成予定「スポーツ医科学センター」(仮)地鎮祭を執り行いました。

IPU・環太平洋大学第1キャンパスに新築するスポーツ医科学センター(いずれも仮称)の地鎮祭が4月18日に行われ、工事の安全を祈願しました。

 

スポーツ医科学センターではアスリートの「心」「技」「体」を研究サポートするために、「栄養部門」「科学部門」「メンタル部門」「メディカル部門」「トレーニング部門」の5つの部門を開設します。

 

スポーツ医科学センターは世界的に著名な安藤忠雄氏が設計を手掛けており、安藤氏の建物はトップガン、フィロソフィア、ハーモニー、ディスカバリーに次ぎ5つ目となります。

 

完成予定は今年度の冬。トップアスリートの養成、トップトレーナーの養成を医科学的な視点でサポートする研究新拠点として、学生たちに実践的な学びの場を提供します。

※写真は完成予定図です。


フィロソフィア南の建設予定地で行われた地鎮祭には大橋博理事長、大塚敏弘副学長のほか大学教職員、学生、工事関係者ら約70人が出席。大橋理事長や学生代表が玉串を捧げるなど厳粛な神事に臨みました。