IPU・環太平洋大学

お知らせ

シドニー五輪女子マラソン代表、山口衛里先生が「おかやま健康づくり大使」に任命されました

※この記事は2018年9月25日に書かれたもので、内容が古い可能性がございます。

岡山県の健康づくりに積極的な企業や団体を表彰する「おかやま健康づくりアワード」が初めて開催され、本学の体育学科教員で女子駅伝監督のシドニー五輪女子マラソン代表、山口衛里先生が「おかやま健康づくり大使」に任命されました。

 

県民の健康寿命の延伸に向けた機運を醸成することを目的に、2018年から9月を「おかやま健康づくり月間」と定め、市町村などに活動を呼び掛ける取組です。

 

県内の企業や大学生ら約300人が参加。伊原木隆太知事が野菜が豊富な食事の摂取、酒は適量を守るといった7項目を宣言されました。