IPU・環太平洋大学

お知らせ

第12回IPU体育祭が開催されました

第12回IPU体育祭が第1キャンパスサッカー・ラグビー場にて行われました。

1、2年生を中心に留学生、そして、教職員を含めた約1400人が参加し、秋晴れの下で若さを躍動させました。

 

 

体育祭は、第12回IPU体育祭実行委員長 松下烈(体育学科3年)の開会宣言から始まり、その後は、恒例の短距離走や玉入れや大縄跳び、騎馬戦に加え、新競技の〇×DASHや華のステージなど、多くの人が楽しみ、白熱した戦いが繰り広げられました。

チーム対抗によって争う総合の部は僅差の戦いとなり、例年体育学科が上位を独占する中、最終種目までこども発達学科が食い込む展開。

最終的には、チーム対抗の部 総合優勝は、「体育学科1年生チーム(和所・坂本クラス)」、2位は「体育学科2年生チーム(石村・田邊・中川クラス)」、3位は「健康科学科1年生チーム(畑島・三瀬・中島クラス)」となりました。

 

 

またクラブの威信を懸けた名物「クラブ対抗リレー」は、男子は昨年、男子ハンドボール部に敗れ、4連覇とならなかった男子硬式野球部が勝利を勝ち取りました。

女子は昨年度、優勝の女子ソフトボール部が今年も勝利を収めています。

一部種目では、教職員も学生に負けじと玉入れや長縄に参戦。4年生との綱引き対決など、チーム対抗とは違った面においても、盛り上がりをみせた体育祭となりました。

 

本学の体育祭は,「スポーツイベント運営実習」を履修する体育学科学生によって、企画・運営される大学行事となります。

来年は、今回参加者であった2年生たちが、企画側となり、”こうしたい””この方がおもしろい”といった思いを、来年の体育祭企画・運営に活かしていきます。

毎年、一味違った体育祭が開催されるのは、IPU環太平洋大学のおもしろい所です!