IPU・環太平洋大学

お知らせ

日経ビジネスベーシック編集長・戸田顕司氏による特別講義

経営学部 現代経営学科の授業「現代経営論」 において、日経ビジネスベーシック編集長・戸田顕司氏をゲストスピーカーにお迎えし、経営学部の学生に向けた特別講義が行われました。同科目は主として経営学部1年生を対象とし、日経ビジネスの特集記事を題材に、現代社会における経営活動や課題について理解し、自分なりの考えを持てるようになることを目的としています。

 

今回の特別講義は、日経ビジネス2018年8月27日号の特集「三菱重工 巨艦はこうして蘇った」を題材におこなわれました。まず、三菱重工の事業範囲の説明から、同社が様々な角度からどのように改革を行ったのかについて、解説がなされました。続いて、グループディスカッションや、学生が事前に書いてきたレポートなど、学生の意見を取り上げながら、双方向に講義が進められました。最後にまとめとして、経営者の役割について触れ講義は締めくくられました。講義終了後も数名の学生が質問に来るなど、学生は興味を持って取り組んでいたようでした。

 

経営学部では、これからも第一線で活躍するゲストスピーカーをお迎えし、現代社会に即したさまざまなテーマの講義を開講します。