IPU・環太平洋大学

お知らせ

ダンス部4年生最後のステージへ ~IPU Dance Performance in Okayama~

2019年1月19日(土)岡山市民会館大ホールにて、岡山市芸術祭「IPU Dance Performance in Okayama」を開催し、無事終演しました。

会場には開演2時間前から多くの方が列を作り、総数1,500名以上のお客様にご来場いただきました。

 

公演には本学ダンス部のみならず、友情出演として本学のチアリーディング部、ストリートダンスサークル、有志ダンサーの神崎心さん、大山祥希さん、槙野智也さん。

そして、毎週土曜日にダンス部の学生が指導している瀬戸スポーツクラブ(リトル・キッズ・ジュニア)も出演しました。

特別ゲストとして元劇団四季ダンサー蔡暁強さん、田村綾子さん(本学経営学科准教授)、箕面自由学園テディーベアーズ、創志学園高校ダンス部(IPU系列校)が出演しました。

また、本学の学友会、女子ハンドボール部、男子サッカー部の学生も、運営に協力しました。

 

今回、ダンス部創立4年目で初の学外公演。

5名からスタートした1期生は、この公演後に引退となるため卒業記念となる最後のステージです。

この公演を開催するにあたって、部員全員が主体となって何か月も前から準備をすすめてきました。

衣装は自らミシンで縫って制作し、ダンスの振付・構成も何度も話し合い、たくさんの努力を重ねてきました。

 

本番は3部構成で行いましたが、どの演目も心を魅了し、時には笑いあり涙ありの素晴らしいものでした。

来場者の方が感動し、涙を流している姿も多くみられ、日頃から努力を怠らず全力で取り組んできたダンス部員だからこそ伝えられるものが多くあったように思います。

 

これで4年生は引退ですが、彼女たちが築いた基礎の上で、今後は後輩たちが美しく輝いていくでしょう。