IPU・環太平洋大学

お知らせ

甲子園春夏通算38回出場68勝の名勝監督 高嶋仁氏が本学の特任教授に就任!

この度、4月1日より智弁和歌山高等学校及び智弁学園高等学校にて硬式野球部監督を務められた高嶋仁氏が、本学の体育学部特任教授に就任することになりました。

 

高嶋氏は長崎県五島列島出身、長崎海星高等学校、日本体育大学を経て、1972年より智弁学園高等学校硬式野球部監督に就任され、1980年より智弁和歌山高等学校硬式野球部監督に就任されています。

高等学校の硬式野球部監督として、甲子園では史上最多となる春夏通算38回出場、68勝を挙げた野球界きっての名将です。

 

本学では、体育学部の特任教授として、高嶋氏の長年の経験に基づいた指導法を「コーチング論」「チームスポーツ指導理論・技術」等で指導頂き、また保健体育科教員を目指す学生達に向けた現場で通用する指導法を「キャリアデザイン(教員養成コース)」等で指導、新たに誕生するインスパイア(スポーツ科学センター)のアドバイザーとして指導頂く予定となっています。