IPU・環太平洋大学

お知らせ

広島県三原市とIPU・環太平洋大学が包括連携協定を結びました!

本学では岡山県の大学として初めて,広島県三原市と包括連携協定産学連携を結びました。

三原市は,この3月に,IPUNZがあるニュージーランド・パーマストンノース市と姉妹都市になることが決まっています。

今後は,三原市,パーマストンノース市,IPUJP,IPUNZのそれぞれが有する資源を活用し,次に掲げる事項について,連携・協力することになります。

 

◆連携・協力内容

(1) まちづくりや国際交流,地域の活性化に関すること。

(2) 保健・医療・福祉の向上に関すること。

(3) 観光振興や産業振興など地域経済の発展に関すること。

(4) 教育の振興及び青少年の健全育成に関すること。

(5) スポーツ・文化の振興,生涯学習の推進に関すること。

(6) 学生の学びや働きの支援に関すること。

(7) その他,相互に連携及び協力が必要と認められる事項に関すること。

締結式では今後の具体的な取組に関しての意見交換が行われ、三原市長様より,本学に対しての大きな期待と具体的な連携内容について話が及びました。お互いのポテンシャルを活かした今後の連携イメージを共有できる有意義な場となりました。

 

-日本経済新聞転載–
広島県三原市は27日、IPU・環太平洋大学(岡山市)と包括連携協定を結んだ。まちづくりや観光振興、教育など様々な分野で協力し合う。天満祥典市長は「留学生による英語教育や教育実習生の受け入れ、三原市内の企業への就職などにつなげたい」と話した。

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO41822930X20C19A2LC0000/
中国新聞
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=509014&comment_sub_id=0&category_id=110