IPU・環太平洋大学

お知らせ

大学最大級の学生寮「ユニビレッジ」竣工

3月10日(日)に、来賓の皆様、学友会や各クラブの主将・副主将などの学生及び教職員121名が参加し、IPU・環太平洋大学を代表する施設の一つである学生寮「ユニビレッジ」の竣工式が執り行われました。

厳かな雰囲気の中、神事から始まり、テープカットまで無事に終了し、最後に参加者全員による内覧会へと移りました。

 

真新しく、豪華な施設を目の当たりにした学生からは、「是非ここに入って生活したい」「こんなに広いリビングがあって羨ましい」などの声が聞こえてきました。

 

 

「ユニビレッジ」の完成により、現在ある学生寮(尚志館、優志館、志高館、球志館及びラグビー部寮)とで入寮定員が約900名となり、安心かつ安全な生活の場である学生寮へ希望すれば全員が入寮可能。

 

「ユニビレッジ」は、寮生による生活自治の取組を実践するために「ユニット」と呼ばれる組織を形成し、入寮者はいずれかのユニットに所属して生活します。

 

一つのユニットは8名で、リビング・洗面・電子レンジ等の備品を共有。また、1フロアーに9ユニットがあり、ラウンジ・リビング・キッチン・シャーワー室等を共有し、そこで生活することで、自然と社会が求めるコミュニケーション能力・協調性・社会性などが身に付くようになります。

 

【ユニビレッジ紹介動画】