IPU・環太平洋大学

お知らせ

甲子園の名将 高嶋仁教授が熱い講義

この度、4月より本学に就任した、元智辯学園和歌山高校野球部 監督の高嶋仁教授が、体育学科教授に就任後、初めての講義を行いました。

 

体育学部2年生370名を対象にしたキャリア形成の講義で「スポーツを通じて進路を考える」をテーマに講義。

 

教授の今までの経験を踏まえて、目標に対して「ぶれないこと」や「諦めないこと」の重要性や、どんな業界でも「精神力・技術・体力」が大切であるということを熱弁。また、「誰もが出来ることを誰にも出来ないレベルで準備することこそ、卒業後の進路や人生を豊かにする」と訴え、学生らは真剣な眼差しで傾聴していました。

 

高嶋先生は今後、全学生対象にキャリア形成に関する講義を行い、後期には体育学科の履修科目「コーチング論」などでも、指導者として必要な指導技術を講義していきます。