IPU・環太平洋大学

お知らせ

外国人による日本語弁論大会へ出場しました!

2019年6月1日(日)、青森県八戸市の八戸市公会堂にて第60回外国人による日本語弁論大会が開催され、29カ国・地域123名の応募者の中から予選を勝ち抜いた11カ国12名の出場者が熱弁をふるいました。

 

出場者はそれぞれに興味深いテーマを掲げ、日本での生活、日本人との交流を通して考えたことや感じたことを、ユーモアや感動を交えて披露しました。

 

本学の次世代教育学部国際教育学科4年生ホアン・ゴック・ビック・チャンさん(ベトナム)も代表として出場し、環境問題をテーマに日本でのゴミ分別の様子からベトナムの様子を振り返り、今後ベトナムでも環境に対する意識が高まり昔のような故郷に還ってきてほしいと、流ちょうな日本語で語りました。

 

大会には高円宮妃久子さまもご出席になり、出場者を激励されました。特別審査員としてパトリック・ハーランさんが会場を沸かせる場面もありました。その他、地元のえんぶり組による舞が行われ、出場者と一緒に踊りました。

 

大会の様子は6月29日(土)14:00~15:00にNHK Eテレで放映されます。