IPU・環太平洋大学

お知らせ

パラリンピアン松永仁志選手が講話 ~これからのスポーツを考える~

12月4日(水)体育学科1年生「フレッシュマンセミナー」にて、パラリンピアンの松永仁志選手に「これからのスポーツを考える」をテーマに講話をしていただきました。松永選手は、2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロと3大会続けて、パラリンピックに出場しています。また岡山を拠点に活動する「GROP SINCERITE WORLD-AC」にて監督兼選手としても活動しています。
松永選手から、多くの人の前で“夢を言葉にする”重要性について話をしていただきました。そして、スポーツを学ぶ人は、日々行うことにどれだけの「付加価値」を加えることができるかが大切であることを伝えてくださいました。
これからスポーツを学ぶ1年生にとって、これからを考える貴重な時間になったと思います。