IPUについて 理事長メッセージ

「どこにもない大学」を目指して開学

学校法人創志学園 環太平洋大学 理事長

IPU・環太平洋大学は2007年4月1日に、「どこにもない大学」 を目指して開学しました。本学設置の背景には1987年8月に環太平洋各国の大学人や教育関係者がハワイに集い話し合われた「環太平洋大学構想」があります。

これは環太平洋圏の若者に国際的な教育の機会を提供し、教育・スポーツ・文化などを通してお互いに深く理解しあえる次代の人材育成を目的とするものです。

この構想の第1ステージとして、学校法人創志学園は、1990年に環太平洋圏で高い教育水準を誇るニュージーランドに国際大学IPU New Zealandを設立しました。IPU・環太平洋大学はそれに続くもので、上記の構想を受け継ぎ「次世代教育学部」と「体育学部」の2つの学部を置き、2016年4月には「経営学部」を開設しました。

本学は、大学教育の基本理念として「教育と体育の融合」を掲げています。 日本の教育界は多くの問題を抱えていますが、体育やスポーツの中に厳然として残り大切にされているものが教育界に導入されることにより、大きな革新がなされると考えているためです。例えば、大きな目標や志を抱き日々努力をしていく、苦しいことや厳しいことにときに涙し、また、その努力が報われたときにはチームメイトと手を取り合って涙する、背筋を伸ばし相手の目を見て話を聞く、名前を呼ばれたら大きな声で返事をする、このような光景が今の教育界には少なくなってしまったのではないでしょうか。本学の学生は「次世代教育学部」と「体育学部」、そして新たに誕生した「経営学部」で大学教育を受けながら、同時に今述べましたような努力、精進を日々重ねてまいります。

このような大学生活を経て学生達が教育界あるいは一般企業に就職し、リーダーとして活躍する姿を想像しつつ、全教職員がまさに「一致団結」して新しい大学づくりに取り組んでおります。

本ホームページにそのような活動が記されておりますのでお目通しいただければ幸いです。

学校法人創志学園 理事長 大橋 博