IPU・環太平洋大学

教育・研究

本学で小学校児童160名の体力測定会を行いました!

5月1日(火)、広島県尾道市内にある小学校の全児童(約160名)が本学を訪れ、新体力テストによる体力測定会を行いました!

 

今回の企画は、小学校と環太平洋大学が共同で「児童の体力を向上させよう!」を目的に、尾道市教育委員会による児童の体力向上事業の一環として行われました。

 

 

 

当日は、IPUスポーツサークルと青年教師塾の学生、体育学科、健康学科の有志学生など40名以上の学生が中心となって準備・運営を行い、新体力テストの種目を測定しました。

 

 

 

 

児童たちは、学生の説明や話を真剣に聞きながら、去年の自身の記録を上回るために熱心に新体力テストにのぞんでいました!

 

ときには「むずかしい」や「去年より下がった」などの児童の声も聞かれましたが、環太平洋大学の学生が丁寧に見本を見せたり「がんばったね!」と声かけを行いながら児童たちと積極的にコミュニケーションをとる姿がたくさん見られ、無事に児童160名の体力測定を最後まで終えることができました。

 

体力測定の後は食堂で児童たちを一緒にお弁当を食べ、午後は小学校の児童会が企画するレクリエーション大会に参加させてもらい、児童たちと一緒に楽しく活動を行いました。

 

終了後、学生からは「楽しかった」「勉強になった」という声がたくさん聞かれ、ある学生は「児童の発達段階に応じて声かけを変えないといけないことを学んだ」など、教員を目指す上でとても重要なことを学ぶ機会にもなったと思われます。

 

今回の測定結果をもとに本学教員と学生が中心となって「運動プログラム」を考案し、年間を通して児童の体力アップ事業を進めていく予定です。