IPU・環太平洋大学

教育・研究

岡山東税務署による特別講義が行われました!

5月8日、経営学部の授業「キャリアディベロップメント」 において岡山東税務署、中国税理士会、岡山県選挙管理委員会をゲストスピーカーにお迎えし、経営学部の学生に向けた特別講義が行われました。

 

 

同科目は経営学部2年生を対象とし、働くことの意義、適性、能力等について学ぶことを通して、各自の進路決定に向けたビジョンを設定することを目的とした授業です。

 

岡山東税務署の木畑朋子氏による全体説明の後、中国税理士会の荒内保裕税理士より税金の基礎についての講義がなされました。

 

次に、木畑朋子氏、岡山県選挙管理委員会事務局の向原諒氏により、「IPU市長選挙」と題し、税金の施策について主張の異なる2人の架空候補者による市長選挙をテーマにグループディスカッション、模擬投票がおこなわれました。

 

最後に投票結果を通して全体のまとめがなされました。どちらが当選するかによって税金の施策がどう変わるのかを議論しながら、税金の仕組みについて楽しく学ぶとともに、選挙投票への参加を通じた政治参加、意思表示の重要性について理解を深めることができたようでした。

 

経営学部では、これからも様々なプログラムを実施し、学生の進路支援をおこなっていく予定です。