MENU
スマホ開閉メニュー
入試情報は受験生応援サイトをチェック!
IPU体育会の活動を発信しています!
次回10月9日(日) OPEN CAMPUS!その他のイベント詳しくは ▶

経済系のための情報活用2 Office2019対応

経済系のための情報活用2 Office2019対応

著者名:櫻本健、藤野裕、小澤康裕、一ノ瀬大輔、安藤道人、田浦元、倉田知秋 著

出版社:実教出版

初版:2020年10月発行

ISBN:9784407348279

著書の内容

経済系の大学生向け情報リテラシーのテキスト。『専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用1 Office2019対応』の続編となる。Officeツールをより高度なレベルで活用し、経済系の学生が1、2年次に学ぶ基礎的な経済学の知識も学べる。GISソフトについては、政府が公開するjSTAT MAPを利用している。

著者コメント

本書の目的は、Word、PowerPoint、Excelの基礎を伸ばして、国際機関のデータベース、GIS、季節調整、産業連関のような政策面での応用として実証的な経済分析がExcelを使ってできるようになることです。経営・会計、人口と地域(地理情報システム(GIS))、財政や経済波及効果といった様々な分野の解説とともに分析方法を学ぶことができます。各章ごとにテーマがあり、その解説をしたうえでExcelを使った演習を行う構成となっています。本書は、情報処理のスキルアップや授業のレポート作成などに役立つものです。

著書の内容

経済系の大学生向け情報リテラシーのテキスト。『専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用1 Office2019対応』の続編となる。Officeツールをより高度なレベルで活用し、経済系の学生が1、2年次に学ぶ基礎的な経済学の知識も学べる。GISソフトについては、政府が公開するjSTAT MAPを利用している。

著者コメント

本書の目的は、Word、PowerPoint、Excelの基礎を伸ばして、国際機関のデータベース、GIS、季節調整、産業連関のような政策面での応用として実証的な経済分析がExcelを使ってできるようになることです。経営・会計、人口と地域(地理情報システム(GIS))、財政や経済波及効果といった様々な分野の解説とともに分析方法を学ぶことができます。各章ごとにテーマがあり、その解説をしたうえでExcelを使った演習を行う構成となっています。本書は、情報処理のスキルアップや授業のレポート作成などに役立つものです。

著者について

著者名:倉田 知秋
役職:経営学部現代経営学科 講師
専門領域:理論経済学/経済統計
立教大学経済学研究科博士課程単位取得退学
経歴:立教大学社会情報教育研究センター学術調査員、立教大学兼任講師、日本大学非常勤講師、桜美林大学非常勤講師、東京家政大学非常勤講師、総務省政策統括官付統計審査官室主査を経て、2021年4月環太平洋大学に着任。