IPU・環太平洋大学

学科での取り組み

学科での取り組み

マリン、スキー、キャンプ充実の野外スポーツ実習

体育学科では、多彩な実習経験を通じて、あらゆる年代・立場の人に野外活動を指導できる資質および能力を備えた人材を育成します。

マリン実習

鳥取県岩美町海岸にて、カヤック、シュノーケリング、ライフセービング等の遊泳技術を楽しく身につけます。

スキー実習

北海道にある系列校施設を宿泊拠点に実施。パウダースノーのスキー場での実習を通してウインタースポーツを満喫できます。

屋外実習

日本原の陸上自衛隊駐屯基地の広大な敷地でキャンプ実習を実施。自衛隊の協力により、自身はもちろん人を助けることのできる防災の知識やスキルも身につけます。

地域と共に成長するIPU・アカデミー

IPUでは、体育学科での実技や講義と連動する形で、子どもたちから大人までが参加できるスポーツ教室やスキルアップ講座を開催。「I PU・アカデミー」と名付けたこの活動を通じて、学生たちは様々なスキルを身につけていきます。

新時代に求められるトレーニング指導能力とマネジメント能力の両方を兼ね備えた人材の育成。

フィットネスクラブ・マネジメント技能士3級(国家資格)が取得可能

フィットネスクラブ・マネジメント技能士3級は、厚生労働省が所管する新たな国家資格です。健康づくり、トレーニング理論、救急処置だけでなく、フィットネス業界を専門にしたマネジメント学やビジネスマナーなどの社会人基礎力も学べるため、トレーニングとマネジメントの両方の知識を身につけられます。これから迎える超高齢社会に備えて、健康づくり、体づくりへの関心は益々高まっていきます。フィットネスクラブ・マネジメント技能士3級について学ぶことで、これからのニーズに対応できる、多角的な視野を持った人材になることができます。

子どもたちが待つ体育教育の現場へ。保健体育教員を目指す教師塾『體志会』

IPUでは、優れた保健体育教員養成を目的とした『體志会』を新たにスタート。高い運動技能と授業実践力を育み、教員採用試験突破と即戦力保健体育教員を育成します。