IPU・環太平洋大学

お知らせ

茶道サークルが「瀬戸カーニバル」でお茶席

※この記事は2018年7月19日に書かれたもので、内容が古い可能性がございます。

「瀬戸カーニバル」実行委員会から依頼を受け、IPU・環太平洋大学の茶道サークルが、7月14日(土)に岡山市東区瀬戸町で開かれた「瀬戸カーニバル」でお茶席を設け、抹茶と和菓子で夏の夜のひとときを楽しんでいただきました。

 

 

当日は、子どもたちや高齢者の方も含め大勢の方でにぎわい、用意していた80個の和菓子も2時間足らずで無くなってしまいました。茶道サークルの学生は留学生も含めて全員がゆかた姿でおもてなしを行いました。お茶席では会話も弾み、地元の方たちと交流を深めることができました。