IPU・環太平洋大学

お知らせ

復旧作業ボランティアに!~岡山県矢掛町~

※この記事は2018年7月23日に書かれたもので、内容が古い可能性がございます。

7月の豪雨により被災を受けている、岡山県小田郡矢掛町へ学生ボランティアが復興支援のお手伝いに行きました。

 

報道では、被害が甚大だった倉敷市真備町が多く取り上げられている中、岡山県内では他にも様々な地域が住宅の浸水等の被害があるのが現状です。そんな中、ボランティア派遣が手薄である小田郡矢掛町よりボランティア要請を頂き、21名のラグビー部員が現地へ出向きました。

 

現地ではお年寄りも多く、地元の方だけでは行えない重労働を担い、若い力を発揮しました。参加したラグビー部員からは「報道されていない地域もこんなに被災しているとは知らなかった。これからも自分たちのできることを続けたい」と話していました。