IPU・環太平洋大学

お知らせ

玉井桜保育園の園児とお芋ほりを行いました

玉井桜保育園のうめ組さんときく組さんが本学の畑に来て、こども発達学科の2年生と一緒においもの収穫を行いました。
このおいもは、5月頃にこども発達学科の2年生と一緒に植えたものです。
子どもたちも今日の収穫を楽しみにしていたそうです。
 

 

お芋はどうやって掘るのかな?という質問に、子どもたちは大きな声で
「強く引っ張ったりする」「スコップで掘る」など答えてくれました。
その後、お芋ほりの達人である中野先生と奥山先生が登場し、子どもたちと学生にお芋の収穫の仕方を教えてくれました。
 

 

お芋のほり方を教えてもらった後は、子どもたちと学生が一緒になってお芋ほりを楽しみました。
学生たちは、子どもたちが自分でお芋を取ることができるように、お芋が埋まっている場所を探したり、まわりの土を取ったりと一生懸命にサポートしており、「子どもたちに楽しんでもらいたい!」という優しい気持ちが伝わってきました。
 
 

 

子どもたちは、たくさんのお芋を掘って、たくさん持って帰りたいと思っていたようですが、重くて持てないことに気が付いて学生たちにお芋をプレゼントしている様子もありました。

 

学生たちは、お芋が掘れたときや、大きいお芋が出てきたときには子どもたちと一緒に喜んだり、驚いたりしており、1時間という短い時間のなかで子どもたちと様々なことを共有し、信頼関係を築いていました。
最後は、一緒にお芋ほりをした学生と子どもたちがお互いに「ありがとう」を伝えた後、「またね」と一人一人ハイタッチをしてお別れしました。