IPU・環太平洋大学

お知らせ

新型コロナウイルス禍に対する本学の対応について(通学生)

在学生・保護者の皆様

IPU・環太平洋大学 学長 大橋 節子

 

新型コロナウイルス禍に対する本学の対応について(通学生)

 

 新型コロナウイルス感染症の拡大は、今後も予断が許されない状況が続いています。

このような状況の中、環太平洋大学ではオンライン授業により、2020年度の授業を始めることになりました。現在、学生ならびに保護者の皆さまにおかれましては、学業を続けるにあたり、様々な困難に直面しておられることと存じます。IPU・環太平洋大学では、学生の生活習慣や学習習慣を守り、教育の質を高めるため、通学生に対して下記の対応を行うことといたします。

 

1.オンライン授業の概要について
 今後の学習の中心になるオンライン授業では、独自のハイブリッド型遠隔授業を行います。学生の皆さんは、予習用の授業動画を視聴した後、事前課題を提出し、教員からのフィードバックを受けます。その後、授業開始時刻に合わせて、教員による同時双方向型の指導が始まります。課題への総合的なフィードバック、単元のポイント、学習方法に関する意見交換を短時間集中型で行い、学習の効率化を図ります。また、ゼミナール担当教員が週に1回、朝礼としてバーチャルゼミを開講し、健康管理や生活習慣の維持に努めます。オンライン学習ではGoogle ClassroomとGoogle Meetを使用しますので、情報セキュリティについてもご安心ください。パソコンやタブレットの使用が困難な方については、スマートフォンでも受講して頂けるよう準備しています。なお、オンライン授業に対するSNSによる拡散が発覚した場合、厳しく対応させて頂きます点、ご了承ください。

 

2.遠隔授業に伴う支援金の支給について
 別途お知らせしておりますように、オンラインによる遠隔授業を実施していくにあたり、学生の皆さんにインターネットの通信環境の整備をお願いしております。パソコンやタブレット端末などの通信機器の準備や通信費用の負担を少しでも軽減するために、緊急支援として1人当たり一律30,000円の支援金を支給いたします(前期学納金を納付済の方)。支給方法の詳細については、追ってお知らせいたします。

 

3.4年生への就職支援について
 就職支援室の担当教職員とゼミ担当教員が連携し、学生と連絡を取りながらサポートをしていきます。
 Webでの授業や説明会の実施、ドロップボックス等を使っての課題の提供や添削、願書の書き方などの指導を行います。
 また人数を分散して大学に集合し、面接、模擬授業等の指導、これからの課題や学習の進め方等についての確認、学内単独Web企業説明会などを実施し、全学を挙げて学生の就職活動を支援していきます。

 

4.体育会活動について
 5月7日以降も当分の間、部活動は停止します。しかし、自主トレーニングを実施し、競技力を低下させないようにコンディションの維持に努めます。また、監督・コーチが、部員の生活面や学業面などについても細かなサポートをしていきます。

 

5.学納金納入について
 オンライン授業の期間でも、質を損なうことなく4年後に責任を持つ教育を実践できるように考えております。キャンパス、施設、設備の維持管理にも万全を期す所存です。
 また、新型コロナウイルスの影響により家計が急変し、就学継続に支障のある方への対応を検討しております。詳細が決まり次第、速やかにお知らせいたします。

 

 今後の情勢の変化に伴い、上記内容に変更が生じる場合があります。その際は、ホームページ等でお知らせいたしますので、引き続き情報のご確認をよろしくお願いいたします。

 末筆になりましたが、今回の新型コロナウイルス禍においては、感染しないこと、そして自分たちが感染源にならないことがなによりも重要です。皆様ご自身、どうか健康に留意され、今回の新型コロナウイルス禍を皆で乗り越えることができることを願っております。

以 上