IPU・環太平洋大学

お知らせ

映画「おかあさんの被爆ピアノ」が7月31日よりMOVIX倉敷、シネマ・クレールで公開されます。

75年目のいま、蘇った音色が私たちに語りはじめる―

 

原爆を投下された広島で奇跡的に焼け残った”被爆ピアノ”を調律し、各地でコンサートを開いている矢川光則さんの実話をもとにした映画「おかあさんの被爆ピアノ」が7月31日よりMOVIX倉敷、シネマ・クレール(8月8日より K’s cinema ほか全国ロードショー)で上映されます。
物語は、被爆ピアノの存在を知った東京の女子大学生が、矢川さんとの交流を通じ、自分のルーツや原爆、戦争について、祖母から母、母から娘へと理解を深めようとする物語となっており、本学学長の大橋節子がエグゼクティブプロデューサーを担当しています。
この作品が若い世代の人たちに戦争や被爆を考えるきっかけになってほしいと願っています。
ご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

監督 五藤利弘
出演 佐野史郎/武藤十夢(AKB48)/森口瑤子/宮川一朗太/南壽あさ子/城之内正明/鎌滝えり/ポセイドン・石川/内藤忠司
公式サイト http://hibakupiano.com/