IPU・環太平洋大学

お知らせ

全国体育スポーツ系大学就職担当者連絡協議会がIPUで行われました

全国の52大学が加盟している「一般社団法人全国体育スポーツ系大学協議会」では、毎年、「就職担当者連絡協議会」を各地で開催しています。

2020年度はIPUが初の幹事校を務めることになっており、2日間に渡って体育スポーツ系の大学の皆様をお迎えする予定でした。

 

しかしながらコロナ禍のなか、初めてオンラインでの開催を決行することとなり、本日42大学より64名のご参加のもと、ZOOMを使っての協議会が無事終了いたしました。大橋節子学長によるご挨拶ののち、智辯学園和歌山高等学校野球部を38回も甲子園へと導いた名誉監督であり、現在はIPU体育学部の一員でもある高嶋仁教授による基調講演。決して元から技術のあった選手たちではなかったチームを、どう導いていったのか熱弁に参加者は熱心に耳を傾けているようでした。

 

その後は、64名の参加者がZOOMシステムを使って4つのグループに分かれ、分科会を実施しました。コロナ禍での大学としての就職支援について、体育学科教員として、またキャリアセンタースタッフとして、どのように学生に関わりよりよい未来を目指していくための指導や支援が可能なのか、また問題点に対してどう解決していくべきなのか、各チームで熱い議論が交わされました。

 

今回、IPU体育学科とキャリアセンターが互いに力を合わせ、全国体育スポーツ系大学就職担当者連絡協議会初のWeb会議を実現できたことは、今後の学生支援においても大きなパワーの源になっていくことでしょう。

また、ここで新たに得た知見を今後の就職支援に生かしていきます。