IPU・環太平洋大学

お知らせ

岡山県JICAデスク 北脇 藍紗様による講話

4月26日(月)現代経営学科1年生対象の授業「SDGs入門」で、岡山県JICAデスク 国際協力推進員の北脇 藍紗 様による講話が行われました。

 

2015年の国連サミットで全会一致で採択された国際目標であるSDGs (Sustainable Development Goals)は、政府・NPOだけでなく、企業における経営戦略という文脈においても、今、大きな注目を集めています。

 

そこで、IPUの現代経営学科では、1年生という早い段階から、貧困、気候変動、人権、平和といった世界の様々な課題とその達成に向けた取り組みの事例、考え方を学び、自分事としていくために、今年度「SDGs入門」を開講しました。

 

今回、北脇さん自身の中米・ジャマイカやフランスでの経験をベースにした数種類のグループワークを通し、学生たちは自分や自分の子孫の暮らしがSDGsの17の目標とどう関係していくのか、持続可能な社会にしていくにはどう行動すればよいのかをディスカッションし、考えを深めていきました。

 

IPUでは、今後も引き続き、SDGs達成に貢献する人財の育成に努めてまいります。

 

担当教員:鈴木真理子(現代経営学科 特任教授)