IPU・環太平洋大学

お知らせ

行政職公務員を目指す学生を全力サポート!公共経営コースのご紹介です。

■公共経営コースの紹介

公共経営コースでは、国家公務員、都道府県庁、市町村役場などの行政職の公務員を目指します。行政職公務員の仕事は国民や住民の安定した生活を支えるもので、目立つことこそ多くはないものの、私たちの社会になくてはならない非常にやりがいのある仕事であるとともに、働く人の目線で考えると非常に安定した魅力的な仕事です。

公務員試験の学習は長い航海のようなもので根気と努力が必要ですが、よい水先案内人がいれば最短距離で、かつ安心してゴールへと進めるものです。公共経営コースでは、3名の新着任教員を迎えて、キャリアセンター(公務員就職支援室)との連携のもと徹底した指導で行政職公務員への進路をサポートします。

 

■新着任教員の紹介

白取耕一郎

働きながら博士号を取得した経験があり、実践的な教育を心がけています。地域に貢献できる公務員だけでなく、広く社会課題に関心を持つ社会人を育てたいと願っています。まず自らが目標に挑戦し続けます。

 

本村大輔

多年にわたり税法研究を行ってきた経験から、税に関する基本知識にはじまり、我が国が抱える税金の問題を皆さんにわかりやすく伝えます。国や地方自治体といえど、税収がなければ組織として行動することはできません。そこで、皆さんとは、税の問題を共に考え・学ぶことで将来国や地方自治体の税制に関して政策提案をできるスキルを磨いていきます。難解な問題にも果敢に挑むチャレンジ精神を大切にしていきましょう。

 

塩盛俊明

行政職公務員を目指す受験生たちの法律科目の指導を長年行い、これまで多くの合格者を導いた経験があります。難解で堅いイメージのある法律の学習は難しいのは確かですが、学習効果が考慮された初学者目線での指導のもと、適切な道筋を辿って学習することでより効率的に身につけることができます。易しい言い換えとイメージしやすい喩え話が定評の授業に期待してください。

(写真3 左から白取講師、塩盛准教授(公共経営コース長)、本村講師)

 

撮影時のみマスクを外しています

■授業の一例紹介

公共経営コース専門科目「公共経営論」は、学生と教員が「政策の身近さ」や「社会についての科学」について学ぶ科目です。クラス全員で討論して、活発な意見交換を行いながら授業は進みます。現在のオンライン授業では、Google Mapのストリートビューを活用し、学生自身で商店街がさびしくなっている現状を探索するなど、工夫を凝らした授業を行っています。

公共経営コースは、どんなときでも学びを止めません!