IPU・環太平洋大学

お知らせ

体育会 監督・コーチ「ハラスメント研修」

 

5月25日(火)、ZOOMにて体育会の監督・コーチに向けての「ハラスメント研修」を行いました。

講師は、小塩 康祐弁護士(TMI総合法律事務所)。小塩弁護士は、早稲田大学在学時にはラグビー部に所属され、4年間で3度の日本一と輝かしい実績をお持ちの弁護士です。

 

研修は、大学スポーツにおける実例を出していただきながらわかりやすい説明をしていただき、「大学スポーツにおけるハラスメント」について深く考えさせられました。

今回の研修テーマとして、~明日は我が身と感じること~と掲げていただき、「他人ごとではありません。いつ自分たちの問題となるかわからない。問題を起こさないためのリスクマネジメント・知識が大切です。」と体育会活動運営にあたっての、ハラスメントの重要性を再確認できました。

 

IPU・環太平洋大学 体育会では、このような研修を企画し、学生が競技・学業に集中できる環境つくりを行ってまいります。

 

 

小塩 康祐 弁護士

1984年 生
2003年 3月 私立市川学園高等学校卒業
2008年 3月 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
2011年 3月 早稲田大学法科大学院修了
2012年 11月 最高裁判所司法研修所入所
2013年 12月 東京弁護士会登録
2014年 1月 TMI総合法律事務所勤務
2017年 9月 スポーツ庁勤務
2019年 7月 TMI総合法律事務所復帰