IPU・環太平洋大学

お知らせ

【こども発達学科授業レポート】保育・幼児教育の「今」を知る。

こども発達学科2年生の授業「キャリアディベロップメント」では、「次世代の教育における課題とそれに対して私たちができることは?」という学部の名前の由来になっている「次世代教育」を大きなテーマとして、私たちが大学で学ぶ意義を探求しています。

 

今回は、「保育・幼児教育の「今」を知る」ということで、岡山市の保育所、児童養護施設、児童センターなど様々な場所での「保育」のご経験がある槙尾真佐枝先生(現 倉敷総合療育相談センターゆめぱる相談員)をお迎えして「保育・幼児教育の「今」を知る」というテーマで講話を頂きました。先生のご経験から「保育士の専門性」や「保育士」という資格が持つ意味についてお話しがありました。

私たちが大切にすべき「保育士」の専門性

・「児童(子ども)」の発達(発達段階)を知っている。

・「子どもの最善の利益」について考えることができる。

・「子どもの権利」について知っている。そして、考えることができる。

 

2年生の施設実習や保育所実習に向けて、保育・教育への専門性を深めるための勉強が続きます。槙尾先生に教わったことを忘れずに、保育という職と自身の専門性を高めるために研鑽していきます。