IPU・環太平洋大学

お知らせ

【こども発達学科授業レポート】多様性を認め合う社会で生きるために

こども発達学科2年生の授業「キャリアディベロップメント」では、「次世代の教育における課題とそれに対して私たちができることは?」という学部の名前の由来になっている「次世代教育」を大きなテーマとして、私たちが大学で学ぶ意義を探求しています。

 

今回は、「多様性を認め合う社会で生きるために~様々な出会いが人を磨く~」というテーマで、岡村富広先生(岡山市人権推進課)に講話を頂きました。

私たちが卒業と同時に手にする「保育士資格」と「幼稚園教諭免許状」は「子ども」を対象にする資格・免許ですが、子どもと関わるうえで「多様性」は尊重すべき事のひとつです。

「多様性」という言葉に含まれる様々な問題について丁寧に解説くださり、教育者として今後考えていくべき課題が明確になりました。 前期の授業も残り僅かとなり、「次世代の教育における課題とそれに対して私たちができることは?」 というテーマについて答えを出す日も近づいてきました。

 

このテーマについて自分自身の答えを出すことで後期以降の実習や授業を実りある学びにしたいと思います。