IPU・環太平洋大学

お知らせ

岡山市東区おみやげ開発プロジェクト中間発表会を開催

 

2021年11月27日(土)IPU・環太平洋大学DISCOVERYにおいて『2021年度岡山市東区おみやげ開発プロジェクト中間発表会』が開催されました。同プロジェクトは昨年に続き2回目。プロジェクトの目的は、東区にある高校(西大寺高校、瀬戸南高校、岡山学芸館高校)の生徒たちが、東区の特産物を使って「きびだんご」のような岡山を代表する新たな「おみやげ」を開発することです。

 

今回の中間発表会では3校から6チーム25名が参加。DISCOVERYのプレゼンテーションラボで開催された中間発表会では、チームごとに夏から取り組んできたおみやげ開発の進捗状況や課題を共有。マッチング企業などと試作を幾度となく重ね、商品化に近づいているチームもありました。発表後は場所をラーニングラボに移し、違う高校の生徒たちが商品化に向けてお互いに意見を出し合うなど、充実した時間を過ごしました。

 

来年2月11日(祝)にはプロジェクト最終報告会が本学で開催されます。3月には、高校生たちが作り上げた新たな「おみやげ」が岡山駅で実際に販売されます。IPU・環太平洋大学は東区にある唯一の大学として、同プロジェクトを通して高校生たちの学びを応援していきます。