IPU・環太平洋大学

お知らせ

【初年次教育】理事長講話

12月7日、13日、15日の3日間で1年生対象のフレッシュマンセミナーにおいて大橋博理事長による講話が行われました。

 

今回、認知能力と非認知能力について講話をいただきました。

2019年に完成したディスカバリーは非認知能力を高める専用学舎であり、1年生はジェネリックスキルズをはじめ多くの授業をディスカバリーで受講しています。

 

まず、なぜ非認知能力が求められるのかについて、それぞれの学科学生の進路に応じて語ってくださいました。

そして、1年生の3分の2が終了した今、ここまでの勉強時間について振り返ることが求められました。

大橋博理事長から「夢をかなえるために本当に努力していますか?採用試験、就職活動の時期を考えると残り2年とちょっとです。IPU生は非認知能力は非常に高い。けれども、非認知能力は認知能力も必要になります。今からどれだけ勉強できるかが大切です。非認知能力を高める環境はあります。それとともにに基礎学力を身に付けるための勉強をしっかりしていきましょう」と非認知能力だけでなく、認知能力の必要性についても講話をいただきました。

 

1年生はあっという間に2年生、3年生となっていき採用試験が迫ってきます。今、どれだけ努力できるかが自身の夢を達成するために大切であることを再確認する時間となりました。