IPU・環太平洋大学

お知らせ

【現代経営学科】自分発見!課題発見!現代経営学科・宿泊型フィールドワークin直島!

11月27日~28日、香川県香川郡直島町において、現代経営学科の日本人学生6名、留学生6名の計12名がアートの鑑賞を通して、多様な価値観やアートと地域のつながりを学ぶフィールドワークに参加しました。

 

 

1日目は、スタッフの方と対話しながらアートに触れることで、自分と価値観の理解を進める体験学習を行いました。また、ニュージーランドにお住いのベネッセホールディングス名誉顧問・福武總一郎様とオンラインでつないだ特別講話では、学生たちも真剣なまなざしで耳を傾け、質疑応答の時間では学生からたくさんの質問が飛び出し、時間が足りなくなるほどでした。

 

 

 

 

2日目は、本村地区の街並みを観察しながら、地域とアートのつながりを体験しました。

学生からも「普通の家や自然の中にアートが取り入れられていて感動した。」「アートを見て、みんなの意見を聞くにつれて、新しい発見ができた。直島が好きになった。」「今まで接点がなかった留学生とも長く時間を過ごすことで、仲良くなれた。」という意見が見受けられました。

非常に学びが多い2日間となりました。

 

 ※撮影時のみマスクを外しています。

 

IPU環太平洋大学はこれからも地域に出て体験的な学びを提供してまいります。