IPU・環太平洋大学

お知らせ

【青年教師塾】表現教育オンラインアウトリーチ実習を開催!

2月15日~17日の3日間、福山市立加茂小学校の児童を対象とした「青年教師塾 表現教育アウトリーチ実習」が開催されました。
2017年に開始したこのプログラム。
例年は直接小学校を訪問し、児童と3日間時間を共にするのですが、今回はコロナウイルス感染拡大の影響もあり、初めての完全オンラインでの開催となりました。
参加したのは総勢59名の教員志望の2・3年生。
IPUのディスカバリー内施設の様々な機能を駆使し、オンライン上で児童に対してダンスや手話の指導を行い、最終的にはオンライン上で発表会を行いました。
オンラインだとは思わないほどの笑顔が溢れ、学生と児童が場所を超えて繋がりを感じている様子が印象的でした
また3日目には3年生によるオンラインでの授業実践も行われました。
小学校の各担任の先生から指定された科目・単元を基に自ら指導案を作成し、実際にそのクラスの児童に対してオンラインで授業を行いました。
オンラインという特殊な形に苦悩しつつも、しっかりとやり遂げた3年生。そしてそれをサポートしつつ、目の前で見ることができた2年生。
ICT化が進む今後の教育現場での貴重な実践となりました。
最終日が終わるころには、児童から「先生明日からも来てくれるよね?」「まだ終わりたくない!」という声をたくさんもらって涙する学生。
加茂小学校の占部校長先生からは「私が今まで見たことなかった児童の姿が見れて驚きました。このような先生が増えてくれることが何より嬉しい」というお言葉も頂きました。
例年とは違う形で開催した本企画でしたが、オンラインでも大きな価値を残すことができたことが財産となりました。
青年教師塾表現教育アウトリーチ実習は毎年1度、教員志望の学生を対象として開催されております。
今後も先生になることの素晴らしさを全身で体感できるプログラムとして進化していきますので、ぜひご注目ください!