IPU・環太平洋大学

お知らせ

IPU体育学部が、haremachi CHARENGE STADIUMに協力!

 5月3日(火)〜5日(水)◇ イオンモール岡山 1階未来スクエア(岡山市北区)にて行なわれた「haremachi CHARENGE STADIUM」において,IPUスポーツ科学センターの測定装置を用いた体力測定を実施!そのイベントで、体育学部体育学科と健康科学科の教員・学生が測定と結果のフィードバックを行いました!

 

 5月3日:262名・4日:281名・5日:316名 合計:859名の方にご参加頂きました。 ご家族やお孫さん連れの方が多く参加され、親子で測定を競い合ったり、動きを教え合ったりと、GWならではのスポーツを楽しむ時間が流れていました。

 

測定項目は以下の通りでした。

 

 ・長座体前屈(柔軟性)

 ・ステッピング(敏捷性)

 ・握力(上肢パワー)

 ・垂直跳び(下肢パワー)

 ・Supreme Vision L(調整力)

 

 

 普段運動されていないお父さんや、運動会を控える子供達にはとても刺激になったようです。特にSupreme Vision L(調整力)は、広いフィールドで目と身体をつかい、スポーツで大事とされる、目と手の協調を測定することができます。ゲームばかりをやっているお子さんは視野が狭かったように思えました。

 

 

 そして、運動会前のお子さんには、早く走る方法を以下のサイトで紹介しています!

スポーツ科学センターサイト「Q.短距離を速く走るにはどんな走り方をすればいいですか?(研究員:明石先生記事)」

https://iss-ipu.jp/cgi/web/index.cgi?c=information-2&pk=164)ぜひ、ご覧ください。