IPU・環太平洋大学

お知らせ

【教育経営学科】春の植物を探そう

理科教師塾に所属する学生によって制作された「春の植物観察ブック」を活用した「自然の理解」の授業が行われました。

 

 

「春の植物観察ブック」を片手にキャンパス内を散策し,スマホで写真を撮って記録。写真は,「春の植物観察ブック」の写真とスケッチを参考にしてズームとアップを意識しながら撮影しました。その後,各自植物を持ち帰って双眼実体顕微鏡で観察。それぞれの植物の特徴を捉えながら,種を同定してオリジナルの“my植物図鑑”の作成を課題にした授業です。対象物に超接近する接写は,ピントを合わせるのが難しいのですが,普段スマホのカメラを使いこなしている学生にとっては容易いようで,教え合いながら撮影が行われていました。また,双眼実体顕微鏡にスマホカメラを近づけての撮影も,なかなかの腕前。肉眼で分かりづらい特徴にも気付くことができました。

 

小学校3年生の理科の指導内容に「春を探そう」という単元があります。理科の学習のスタートとなる単元です。普段,意識すらしていない野草にも,それぞれに名前や特徴があることを子どもたちに自信をもって教えることのできる先生になってもらいたいと願って制作された「春の植物観察ブック」が大いに役立つ授業となりました。

 

理科教師塾の学生は,掲載していない植物を探して写真を撮るなどして「春の植物観察ブック」第2版の発行に向け活動を継続しています。