IPU・環太平洋大学

教育

【高大接続イベント】岡山市立岡山後楽館高等学校との第4回オンライン国際交流会開催

6月11日に第1回を実施した岡山市立岡山後楽館高校とのオンライン国際交流会も第4回を迎え、本日は、本学現代経営学科のベトナム・中国出身の留学生12名と大森真由美先生が指導されている高校生との交流会が自己紹介と共にアットホームな雰囲気でスタートしました。

 

今回のテーマは「日本と母国の共通点探し」。

 

中国と日本は、漢字という共通点、ベトナムと日本は民族衣装の共通点、好きなアイドルが同じという趣味の共通点など多くの共通点が飛び出し、お互いに理解を深めることができました。

 

イベントに参加した留学生からも「日本語の勉強になるだけではなく、高校生の皆と話していると日本の文化や習慣も知ることができるので、とても勉強になる。」という感想が。

 

IPU・環太平洋大学は今後も引き続き、高校生や地域の方々との国際交流活動など、多様性や異文化理解を深める機会を提供してまいります。