IPU・環太平洋大学

ゼミ紹介

古山ゼミ

  

ゼミ活動のキーワード

スキー救護実践研修

ゼミの内容

「古山ゼミ」では、柔道整復師が対応する外傷の応急処置における実践研修をゼミ活動の一環として実施しています。外傷が多発するスキー場での救護実習を通して、今まで教科書で学んだ知識・技術を実践研修を通して深い学びに結びつけています。更には研修を通して様々な人と接することで、社会性や非認知能力を育んでいます。

活動例

【スキー滑走技術訓練】1)プルーク 2)プルークボーゲン 3)シュテムターン

【負傷者搬送訓練】

【ロープ結び訓練】

【負傷者対応】

 

【スノーモービル乗車訓練】

教員について

古山 喜一

役職:健康科学科長

専門領域:柔道整復学/高齢者医学/(健康運動・認知症予防)/スポーツ医学(スポーツコンディショニング)

経歴:筑波大学大学院体育研究科健康教育学専攻(スポーツ医学) 修士課程修了、体育学修士 資格:柔道整復師、健康運動指導士、認知症予防専門士、 JATI-AATI 日本トレーニング指導者 (一財)SCO スポーツコンプライアンスオフィサー