IPU・環太平洋大学

ゼミ紹介

木下ゼミ

  

ゼミ活動のキーワード

教育学、学校教育学

ゼミの内容

木下ゼミでは、教育学の観点から、学校教育、授業、学習方法についての研究、研究を行っています。 教育学と聞くと、学校の先生になる人が学ぶ学問と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、様々な人に関係する学問でもあります。教育は、学校以外の様々な場に存在し、学ぶという行為は、学生だけでなく、どんな方も日々されているはずだからです。 木下ゼミのゼミ生も、学校だけに限定せず、様々な場での多様な教育、学びに目を向け、研究を行っています。

活動例

〈2021年度〉

・教員採用試験対策

教員採用試験を目前に控えた時期に、1次試験対策として問題集を使った自習やゼミ生同士の教え合い、2次試験に向けた模擬授業等を行いました。

・卒業研究に向けた取組み

教員採用試験の勉強と並行し、ゼミ担当教員との面談やゼミ生同士のディスカッション等を通じて、研究テーマや研究方法、研究の具体的な方向性について検討を進めています。

中には、オルタナティブ教育やICT等、近年注目されるテーマを研究するゼミ生もいます。様々な関心をもつゼミ生同士の交流を基に、卒業研究に向けた学びだけではなく、卒業後のキャリア(例えば、教員の仕事)に資する学びが得られればと考えています。

教員について

木下 祥一(きのした しょういち)

役職:環太平洋大学 体育学部 体育学科 講師

専門領域:教育学/社会科教育学

経歴:福岡教育大学教育学部卒 筑波大学大学院人間総合科学研究科 博士前期課程教育学専攻修了、筑波大学大学院人間総合科学研究科 博士後期課程学校教育学専攻中途退学、修士(教育学)福岡教育大学非常勤講師、北九州市立大学特任教員、等を経て現職