テキスト履修

履修する科目が決まったらまずは指定のテキストを購入しましょう!
レポート作成の前にしっかりと読み込んで理解しましょう!

1 テキスト購入

「学習指導書」(シラバス)で履修登録をした科目のテキスト(教科書や参考書など)を確認し、書店やインターネットなで各自購入します。

2 自宅学習

「学習指導書」の「学習のポイント」を確認し、購入したテキストをもとに自宅学習をします。

3 レポート作成と提出

1課題あたり、2000字が目安です。2単位の科目では2課題、4単位の科目では4課題分の提出が必要です。完成後、郵送で通信教育室へ送ります。

不合格の場合 添削のポイントに従いレポートを再提出します。

4 添削指導とレポート返却

担当教員が、レポートを添削指導します。不合格の場合も、どの点を改めたらいいのか、詳しく書き込んで返してくれるため、しかっり確認して、再提出のレポートにいかしてください。

不合格の場合 添削のポイントに従いレポートを再提出します。 不合格の場合 添削のポイントに従いレポートを再提出します。
合格

5 レポート学習の完了

必要な課題数において、すべて合格の評価を受けるとレポート学習は完了です。試験に向けて、さらに理解を深めてください。

6 科目修得試験の申し込み

レポート学習が完了した科目は、科目修得試験への申込みができます。試験日の1か月前が申込期限です。

不合格の場合 レポート合格から1年以内であれば再試験を受けることができます。

7 科目修得試験の受験

科目修得試験を受講し、合格することで単位を修得できます。年に6回全国10会場で実施します。1日に6科目まで受験が可能です。

不合格の場合 レポート合格から1年以内であれば再試験を受けることができます。 不合格の場合 レポート合格から1年以内であれば再試験を受けることができます。
合格

8

単位取得

Q&A

  • 続けられるか心配です。

    年に6回ある試験日に向けて、ここまでの課題を終わらせるなど、具体的な目標を決めることが大切です。無理をせず、自分のペースで学習をすすめてください。

  • 課題について、テキストを読んでも理解できない点があります。先生に質問することはでますか?

    質問票に質問内容を記載していただき、メールが郵送で通信教育室へお送りください。担当教員へ連絡し、回答が出ましたら、お返しします。

  • レポートの書き方が分かりません

    入学時に、レポートの書き方についてまとめた補助教材を配布します。文章全体の構成や文体、表記方法などについて詳細に載っていますので、参考にしてください。

  • 科目修得試験に不合格だった場合は、もう一度チャレンジできますか?

    できます。レポートの合格日から1年以内に受けなおすようにしてください。再試験料は1科目につき1,000円です。