どんなサポートがあるの?

入学後に実施されるオリエンテーションに参加してください。効果的な履修方法などアドバイスさせていただきます。参加できない方も電話やメールでご相談ください。

あなたの学びは、私たちがサポートします

通信教育課程は、多くの学生が資格や免許を取るという具体的な目標をもって学んでおり、これまでも、多くの学生が免許を取得し、採用試験に合格をした実績もあります。仕事との両立など大変な部分もありますが、スクーリングでは同じ目標を持った仲間との出会いがあり、情報交換をしたり励まし合ったりしながらモチベーションを高めるよい機会になっています。教職員も一丸となってサポートします。IPUの通信教育課程で、自分の夢をぜひ、実現させてください。

通信教育課程長 教授 村上 尚徳 岡山市公立中学校教諭、岡山県教育庁指導課指導主事、国立教育政策研究所教育課程研究センター教育課程調査官、文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官を経て平成23年度から現職。専門は美術教育。国立教育政策研究所教育課程研究センター学習指導要領実施状況調査協力者。

IPUの通信教育は、単に教員免許を取得させることだけを目的としていません。卒業後、教育現場において、授業などで悩まないために徹底的に教師の資質・能力を育成することをも視野に入れて指導。「教育実習事前・事後指導」などでは、「分かった」「もっとやってみよう」といった授業になるように、「教材研究」「模擬授業」を繰り返します。授業に必要な授業プランや発問・板書はもとより、子どもの表情、教師の表情なども検討し、よりよい授業を目指します。

教育経営学科長 教授 長谷 浩也 姫路市立小学校教諭・姫路市教育委員会指導主事を経て、現職。「授業づくり」「図書館教育」「教師力」とりわけ「国語科指導の在り方」について広く学校への指導助言や提案授業をしている。また学力向上に関して多くの教育行政機関のアドバイザーとしても活躍している。

いつも通信教育課程の学生からの貴重な体験に裏打ちされたレポートを興味深く楽しく読ませていただいています。また「教育相談の理解」でのスクーリングは、毎回楽しい仲間との心の交流の場となり、お互いに元気をもらえるひとときとなっています。IPUで培った人と人とのつながりは現場に出られても、きっとあなたを支えてくれる仲間になると思います。大変だけれど充実した大学生活があなたを待っていますよ!

准教授  浅田 栄里子 教育学修士。兵庫県立高等学校の教諭として29年間国語科を担当し、兵庫県立上郡高等学校教頭を経て、現職。高ストレスマネジメント教育、教育相談、特別支援教育、キャリア教育を専門とする。

私自身は、小学校教員として、20年間現場を経験してきました。
スクーリングでは、教育現場で実際に「見たこと・やってきたこと」を基にして、さまざまな実践事例を紹介しながら、具体的に指導していきますので、現場に出たときに役立つと期待しています。
また、採用試験に向けた対策講座も通信学生に人気です。ぜひ、IPU通信で教員免許を取得するためだけでなく、同じ志の仲間たちと「よい先生」になりましょう!

准教授 前田 一誠 教育学修士。公立小学校教諭、広島大学附属小学校教諭、主幹を歴任。専門は、算数・数学教育学、教育方法学。小学校算数科の教科書執筆者。JICA短期派遣専門家として途上国の教育支援を行う。全国算数授業研究会常任理事。