コンピュータ実習室より(2021年5月7日)


現在オンライン授業期間で、利用できませんが、対面授業開始に伴いIPUの学生はフィロソフィアのコンピュータ実習室の利用ができます。

実習室に教員が常駐する時のみ、許可を得て利用してください。座席は距離をとり、室内での会話は最低限とし、利用後は備え付けのペーパーにアルコールをスプレーし、使用箇所の消毒を行ってください。

コンピュータリテラシー1の授業、課題についての質問の受付を月曜日と水曜日の2限目と5限目の行っています。ご利用ください。

新入生と、パソコン初心者は読んでみて

Googleクロムのインストールと設定
GoogleClassroomの画面説明
Googleアプリ
Gmailのシグネチャー
基本的なパソコン操作・前編
基本的なパソコン操作・後編

コラム_column

フォントのはなし

Wordで入力した文字はデザインなどを変えられますね。「明朝体」や「ゴシック体」がよく知られています。このような、すべての文字に一貫したデザインを施したものを「書体」と言い、ある書体を表現するために一そろいの活字を用意し …


SMSも注意

SMSとは、ショートメッセージサービス/Short Message Serviceのこと、電話番号宛にメッセージを送ることができます。 不審なメールが届いても個人情報が漏洩したとは、限りません。090や080、050以降 …


クッキーって何

ベタなネタですが。写真は手元にあった「カントリーマアム」です。もちろん、ICT用語のクッキーといえば、「HTTP cookie」ウエブクッキーとか、インターネットクッキーとかのことですが、「クッキー」と呼ぶことが一般的で …


ホームページセクション


「GIGAスクール構想」ってなんだ?


「GIGA」というとスマホのデータ量か?と思っちゃいますよね。 GIGAは「Global and Innovation Gateway for All」のイニシャルをとった造語で、文科省が打ち出した一大プロジェクトの名前です。
9000億円かけて、日本中小中学校の子どもたちにタブレットPCなどを配布するのです。いわゆる「一人一台PC」の環境を国が整備します。

当初は、R2年から4年計画で進める予定でしたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響のため前倒しで進められています。
小学校では「プログラミング」が“必須”になりました(R2年度)。中学校の技術では「双方向の情報のやり取り」を可能にするプログラムを扱い(R3年度から)、高校では問題解決にプログラミングを“利用”することが必修科目「情報Ⅰ」に入っています(R4年度から)。

将来教員を目指す学生だけでなく、子の親になったとき、学校ではどのような学びが普通になっているのか考える時期に来ています。これからの社会、パソコンを操作できるだけでは使えるとは言えなくなります。“道具”としてパソコンやネットを使いこなせるスキルが必要になります。
日本は、教育にデジタルを活かす取り組みが、世界最下位と言っていいほど遅れています。世界的な学力調査では、数学(算数)と科学(理科)の能力に限れば、日本はお隣の国韓国とトップを争う成績を毎回出しています。
これからは、見たこともない問題を解決するために、ネットワークを介して得られる巨大なデジタルデータ(ビッグデータ)を、コンピュータで高度な処理を行う技術(AI)を利用する力が求められます。遅ればせながら、国は子どもたちにコンピュータの「ふだん使い」を浸透しようとしています。教員を目指す人も、そうでない人も、社会に出る前に「ふだん使い」を身に付け、自分の“道具”のひとつにしてください。

iFGへの質問と、お問い合わせ

セキュリティ上、Eメールとお名前を収集いたしますが、掲載する場合は匿名でいたします。
迅速な回答に努めますが、夜間、休日等遅くなる場合もございます。ご理解ください。