学外からの利用(リモートアクセス)について(学生・教職員限定)

IPUでは、リモートアクセスにより次の方法で学外(自宅など)から本学が契約する電子ジャーナル・データベースや電子ブックを利用することができます。

 


VPNによるリモートアクセス

学外(自宅など)から、学内と同じ条件で本学契約の電子リソース(電子ジャーナル、文献データベース)を利用することができるようになるサービスです。

利用対象者》

  本学の教職員、通学生で、学内のメールアカウントを持つ利用者に限ります。

《利用方法》

 1.  図書館サイトかもしくは、IPUサポートナビ>「外部アクセス設定ガイド」の利用ガイドをご確認の上、ご利用ください。

     IPUサポートナビURL>図書館

図書館サイトURL(学内限定)  ※いずれもIPUメールアカウントでログインが必要です。

2. VPNのユーザー名、パスワードは、該当者にメールに通知済みです。(ご不明な方はこちらからお問い合わせください。)

 


VPN以外のリモートアクセス方法

   一部の契約する電子ジャーナル・データベースや電子ブックを、学外(自宅など)から利用することができます。(VPNがご利用になれない環境の際にご活用ください。)

【利用方法】図書館サイト(学内限定)をご確認ください。

 


Google Casa 

Google Scholarの CASA(Campus Activated Subscriber Access)によるアクセス方法:

①学内ネットワークまたはVPN接続からGoogleアカウントでログインした状態でGoogle Scholarにアクセスします。これにより、Googleアカウントと本学に所属していることが紐付けらます。

自宅や外出先などから、任意のデバイスを使用して Google アカウントにログインした状態で、Google Scholarを利用すると、本学で契約している電子ジャーナルにアクセスすることができます。

③有効期限、提供元により30日、60日など異なります。再度①の要領でアクセスすると利用可能となります。

利用可能なジャーナルおよびデータベース

・APS、EBSCO、Highwire、Springer 、Wiley など

 

― 開館情報 ―

授業期間:9:00-19:00

長期休業中:9:00-18:00

休館日:土日祝日、大学休校日

― マイライブラリ ―

― SNS ―