IPU・環太平洋大学 体育会サイト > 硬式野球部 > 【中国六大学野球秋季リーグ戦 第4週】 対 東亜大学

【中国六大学野球秋季リーグ戦 第4週】 対 東亜大学

令和元年度 中国六大学野球秋季リーグ戦・第4週がオーヴィジョンスタジアム下関にて行われました。

第4週 一日目 第二試合

東亜大 201 110 000 計5

環太大 000 000 000 計0

バッテリー

西山(岡山理科大学附属④)、安楽(クラーク記念国際①)、安藝(生光学園①)、大石(創成館②)

―金髙(広陵③)、熊谷(生光学園②)

●チャンスをものにできず敗戦

優勝をかけた大一番の試合で先発を任された西山(岡山理科大学附属④)は立ち上がりに味方の失策も絡み2点を奪われる。

初回の攻撃は、3番安藤(米子北②)が、右前安打で出塁すると4番見村(神港学園神港④)が相手の失策で繋ぎ5番吉岡(済美②)も四球で繋ぎ2死満塁で6番松岡(神港学園神港②)が空振り三振に終わり好機を逃す。

その後も相手投手に抑え込まれ得点が取れず敗戦。大事な初戦を落としてしまう。

 

第4週 二日目 第一試合

環太大 002 000 400 計6

東亜大 000 020 021 計5

バッテリー

岩永(岡山東商業④)、仲尾(生光学園②)、佐々木(崇徳③)、大石(創成館②)

―金髙(広陵③)

〇打線が繋がり終盤で投手陣が踏ん張り勝利

お互いに初回の攻防を無失点に抑え試合が動いたのは、3回の攻撃7番、押部(育英④)が四球で出塁すると8番金髙(広陵③)も左安打で繋ぎ9番松本(下関商業④)、も四球で無死満塁のチャンスで1番松岡(神港学園神港③)が右前適時打を放つと3番安藤(米子北②)の犠飛で2点を先制する。

しかし、5回裏相手打線に安打と失策を許し同点に追いつかれる。

7回の攻撃5番吉岡が中安打を放ち、続く6番仲村(筑紫台②)が相手の失策を誘い出塁すると7番押部の左前適時打勝ち越す。

その後も、相手の暴投、9番松本の中前適時打、3番安藤の犠飛が飛び出し4点を加える。

しかし、8回に2点を失うと9回にも2死満塁のピンチを迎えたが4番手大石(創成館②)が見逃し三振に抑え試合終了。

第2戦を勝利で飾る。

 

第4週 三日目 第一試合

環太大 000 000 000 計0

東亜大 000 100 01× 計2

バッテリー

西山(岡山理科大学附属④)、仲尾(生光学園②)

―金髙(広陵③)

●優勝をかけた大一番をものにできず。

初回の攻防を0に抑え緊迫した試合展開を予感させる。

試合が動いたのは、4回裏、2番打者に出塁許し3番打者は併殺崩れの1死1塁から4番打者に安打を許し1死一、三塁のピンチを迎える

5番打者に犠飛を放たれ先制を許す。

8回の攻撃2番代打の藤田(岡山理科大学附属②)が敵失策で出塁するし代走祝出(都城東②)が相手の送球ミスを誘い一気に三塁まで進み2死三塁のチャンスも4番見村が投ゴロに抑えられ得点できず。

8回にも一点を失い敗戦。