MENU
スマホ開閉メニュー
入試情報は受験生応援サイトをチェック!
IPU体育会の活動を発信しています!
次回12月4日(日) miniOPEN CAMPUS!その他のイベント詳しくは ▶

運動器疾患ワークブック 上肢・体幹編

運動器疾患ワークブック 上肢・体幹編

著者名:小林直行 監修/西川彰・伊藤新・古山喜一 著
出版社:医歯薬出版株式会社

初版:2018年10月発行

ISBN:9784263240816

著書の内容

●本書は,柔道整復師国家試験を受験する学生を対象に,柔道整復学における「上肢」と「頭部・体幹」の領域を骨損傷(骨折),関節損傷(捻挫や脱臼),軟部組織損傷に区分してまとめた国家試験対策教本
●国家試験の受験に必要な柔道整復学の重要ポイントを示すことに加え,国家試験での出題が予想されるオリジナル問題を多数併記し,短期実力養成に最適!
●国試の重要ポイントが簡潔にわかり,予想問題を解くことでみるみる力が身につく!
●姉妹編『下肢・総論編』との併読がおすすめ!
●「理解を深めるワンステップ」でさらなる知識を吸収できる

著者コメント

本書では,各疾患の保存療法の重要ポイントをまとめたテキストをまず読み,学習効果を高めるために採用した穴埋めのワークを行うことによって重要語句を自然に理解できるようにしており、さらに,文章で記した内容を視覚的に理解できるように,イラスト,単純X線写真やMRI画像も充実させています.国家試験やアスレティックトレーナーの試験を受ける学生にとっても,重要ポイントがテキストとしてまとめられ,自己学習ができるので,本書が十分な力を発揮すると確信しております。

著書の内容

●本書は,柔道整復師国家試験を受験する学生を対象に,柔道整復学における「上肢」と「頭部・体幹」の領域を骨損傷(骨折),関節損傷(捻挫や脱臼),軟部組織損傷に区分してまとめた国家試験対策教本.
●国家試験の受験に必要な柔道整復学の重要ポイントを示すことに加え,国家試験での出題が予想されるオリジナル問題を多数併記し,短期実力養成に最適!
●国試の重要ポイントが簡潔にわかり,予想問題を解くことでみるみる力が身につく!
●姉妹編『下肢・総論編』との併読がおすすめ!
●「理解を深めるワンステップ」でさらなる知識を吸収できる

著者コメント

本書では,各疾患の保存療法の重要ポイントをまとめたテキストをまず読み,学習効果を高めるために採用した穴埋めのワークを行うことによって重要語句を自然に理解できるようにしており、さらに,文章で記した内容を視覚的に理解できるように,イラスト,単純X線写真やMRI画像も充実させています.国家試験やアスレティックトレーナーの試験を受ける学生にとっても,重要ポイントがテキストとしてまとめられ,自己学習ができるので,本書が十分な力を発揮すると確信しております。

著者について

著者名:古山 喜一
役職:環太平洋大学 体育学部 教授
専門領域:柔道整復学・スポーツ医学・高齢者医学
筑波大学大学院体育研究科修士課程修了
経歴:(所属学会)
日本柔道整復接骨医学会
日本認知症予防学会
日本整形外科スポーツ医学会
日本臨床スポーツ医学会