IPU・環太平洋大学

健康科学科

学科概要

治療と予防のどちらにも精通したプロを育てる。

体育学部

健康科学科

学びのPOINT

1. 体育学部で医療系国家資格「柔道整復師」が取得できるのはIPUだけ!

柔道整復師を取得すると「接骨院」「整骨院」の開業が目指せるため、人気の高い資格です。日本の大学の体育学部で、医療系の国家資格「柔道整復師」が取得できるのはIPUの本学科だけ。現在、多くの学生が柔道整復師資格取得を目指して学んでいます。

2. 医学的な根拠を基に健康科学を学ぶ

柔道整復師として活躍するには、客観的データを扱える力が必要です。本学科の学びでは、症状を的確に把握し、類症鑑別に欠かすことのできないEBM(Evidence Based Medicine)を重視して、先生であり研究者でもある経験豊かな教授陣が指導を行っています。

3. 附属鍼灸整骨院、「INSPIRE」など、施設を最大限に活用

本学の附属鍼灸整骨院には、国内トップレベルの大会や世界大会に参加している選手も来院しています。このような選手を対象とした実習はもちろん、「INSPIRE」では彼らを対象としたトレーナー活動などを通じてスキルアップを図っています。

柔道整復師とは

柔道整復師は「接骨院」、「整骨院」の先生として広く知られ、骨・関節などの運動器に発生した骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの損傷に対し、手術をしない「非観血的療法」である柔道整復術によって人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させる施術を行う厚生労働大臣免許の医療国家資格者です。資格取得後は、「接骨院」や「整骨院」を開業できる他、整形外科クリニックや病院などで働くこともできます。また最近はスポーツチームおよび選手専属のスポーツトレーナーや介護福祉施設で運動器の機能訓練に従事することができるなど活躍の場は広がっています。

学科紹介動画

教員紹介

健康科学科 学科長

附属鍼灸整骨院院長

古山 喜一

教授

さあ、大きな夢の実現に向け健康科学科でチャレンジを始めよう!

柔道整復師は、日本古来より伝わる伝統医学を継承した柔道整復術を用い、患者様自身が持つ自然治癒力を最大限に発揮させる施術を行う医療国家資格者です。健康科学科では、骨・筋肉・関節・靭帯といった運動器の損傷に対して、常に科学的な視点でアプローチを行い、患者様に心で接することができる柔道整復師を養成しています。

修士(体育学)。専門分野は柔道整復・健康科学。(公)日本柔道整復研修試験財団柔道整復認定実技審査委員、(公)健康・体力づくり事業財団健康運動実践指導者実技評価員、日本認知症予防学会エビデンス創出委員会実行委員(運動分野)等。

健康科学科 副学科長

小玉 京士朗

准教授

専門領域:スポーツ医学(サッカー領域)/リハビリテーション(整形外科領域)/障がい者スポーツ

柔道整復師を目指す国家試験は「チーム力」が必要となります。自分の努力が自信となり、同じ夢を持つ仲間との挑戦が確信につながります。さあ、IPUで共に挑戦しましょう。

飯出 一秀

教授

専門領域:スポーツ医学/柔道整復学/健康科学

柔道整復師の資格取得はもちろんのこと、その他の資格や特技をできる限り多く身に着けることがこれからの社会を生き抜く条件になります。本学科では頑張ればいろいろなことにチャレンジできる環境が揃っています。2つ以上の資格・特技を身に着けよう!

河野 儀久

講師

専門領域:柔道整復学/体力トレーニング/アスレティックリハビリテーション/ストレングス&コンディショニング

これからの柔道整復師は、治療技術プラスアルファが求められます。教室で学ぶ医学的な知識・技術をベースに、現場でのトレーニングやリハビリ指導も一緒に学んで行きましょう。

畑島 紀昭

講師

専門領域:感染管理学/柔道整復学

IPUでは、地域社会に生きるための人間力を学ぶキャリア教育、また医療人としての最先端の知識習得、スキル向上を目指す研究活動に力を入れ、ワンランク上の柔道整復師を目指します。

コース紹介

柔道整復師・メディカルサポートコース

確かな知識と実践力を備えた柔道整復師を目指す

柔道整復師の学習に加え、各種の障害に対し幅広い医学・医療分野から適切で有効な治療法を修得する。また、店舗運営および人材戦略やリスクマネジメントなど、あらゆる面で実践的な判断力と行動力に重点を置いた知識と技術を修得する。

1. 臨床を重視した多くの実技・実習授業

包帯の巻き方やテーピングの扱い方法、ケガに対しての処置方法などを4年間で学びます。臨床経験豊富な教員による指導で実践力を高めます。

2. 様々な方への対応ができるサポート力を身につける

障害や病気についての知識と共に、大学ならではの授業で論理的思考力を身に付け、様々な方々のサポートを行うことができるようになります。

3. 資格取得に向けた対策・就職支援対策の充実

1・2年次で基礎医学の定着を図り、3・4年次で合格対策を実施。就職支援として外部企業講演、企業就職セミナーなどを実施して徹底サポート。

取得を目指す資格


・柔道整復師

・障がい者スポーツ指導員初級

柔道整復師・スポーツサポートコース

ダブル資格でスポーツサポート分野での活躍を目指す

柔道整復師の学習に加え、トレーニング指導法や筋力増強訓練、良い体の使い方などスポーツトレーナーに必要な知識と技術を修得する。

1. スポーツトレーナー現場実習の充実

本学の様々な体育会クラブの現場に行きます。競技特性に合わせたリハビリテーションプログラムを作成し、実践を通じて学習します。

2. 体育会クラブへの帯同で経験を積む

体育会クラブに学生トレーナーとして所属し、スポーツトレーナーとして活動しながら、卒業後に即戦力になれる力を養います。

3. 「INSPIRE」を使用したスポーツ科学の観点からのサポート

競技の特徴を、専門の施設において最先端のスポーツ科学の視点で学び、スポーツトレーナーとして活躍する力を高めます。

取得を目指す資格


・柔道整復師

・JATAC-ATC

・JPSUスポーツトレーナー

・CSCS

柔道整復師・ヘルスサポートコース

健康運動指導に関する資格を併せ持ち、幅広い分野で活躍する人材を目指す

柔道整復師の学習に加え、何歳になっても健康な体を維持し豊かな人生を送ることができるよう、特に中高年に対する生活習慣病や虚弱の予防ならびに認知機能の改善に必要な知識と技術を修得する。

1. 健康増進のための知識の習得

専門家からスポーツ・健康科学分野などの知識や技術を学ぶことができ、充実した授業が組まれています。

2. 健康増進指導に特化したカリキュラム

超高齢化社会に対応した、世の中のニーズに対応できる柔道整復師として力を養う教育を行っています。

3. 健康運動指導現場への参加

健康運動実習や学生主体の健康運動教室を実施します。実施計画から実践指導まで全ての活動を通じて実践力の強化を行います。

取得を目指す資格


・柔道整復師

・健康運動実践指導者

・健康運動指導士

・FCM

学科での取り組み

さあ、実践しよう。Let’s Move!

健康科学科「学びのトピック」

柔道整復師やスポーツトレーナー、健康トレーナーとして活躍するために必要な専門知識と技術に加えて、IPUならではの取り組みで、協調性、忍耐力、リーダーシップなどに代表される「非認知能力」を培います。

01. いろんな資格に挑戦しよう!

健康科学科では、国家資格「柔道整復師」の資格を中心に、多彩な資格にチャレンジすることができます。希望進路に向けた資格取得サポートがあり、多くの合格者を輩出しています。

取得可能な主な資格

柔道整復師(国家資格)

柔道整復師は、医療系の国家資格です。柔道整復師になれば、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などのけがに対し、手術をしない「非観血的療法」によって、整復・固定などの治療を行うことができます。独立開業権があり、資格取得後は「接骨院」や「整骨院」を開業できます。

フィットネスクラブ・マネジメント技能検定(FCM)(国家資格)

フィットネスクラブにおける、マネジメントに関わる知識技能を習得する国家資格です。

JPSUスポーツトレーナー

“運動指導実践”と“救急・予防対応”能力を兼ね備え、“社会人基礎力”を保持し、指導者としての適正を認められた者に与えられる資格です。

NSCA-CSCS

NSCAは、コンディショニングなどの国際的な教育団体資格で、世界52ヵ国、約33,000人が所属。CSCSは、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画、実行するための資格です。

健康運動指導士・健康運動実践指導者

保健医療関係者と連携して、安心で効果的な運動プログラムの作成や実践指導計画を調整する専門家のための資格。生活習慣病や認知症予防の観点で、病院からの求人が増えています。

JATAC-ATC

特定非営利活動法人ジャパン・アスレティック・トレーナーズ協会が認定するアスレティック・トレーナー資格で、スポーツ現場でテーピングやストレッチ指導、また、選手に対するコンディショニング管理などでスポーツ選手に寄り添い、サポートできる有用な資格です。

初級 障がい者スポーツ指導員

地域をフィールドに活躍する指導者です。主に、初めてスポーツを行う障がい者に、スポーツの喜びや楽しみを伝える支援を実施。経験を積むことでパラリンピックに携わる可能性も。

第一種衛生管理者(国家資格)

常時、50人以上の労働者を雇用する事業者は、衛生管理者免許有資格者の中から一定数以上の衛生管理者を選任し、衛生に関する技術的な事項を管理することが義務づけられています。

02. IPU独自の施設で、治療からコンディショニングまで実践的に学べる!

附属鍼灸整骨院では、柔道整復師が患部に対し「整復」や手技療法および物理療法などの「施術」を行います。

手技療法や物理療法を用いた施術は、座学だけでは理解を深めることはできません。附属鍼灸整骨院は、柔道整復師を目指す学生のための貴重な臨床実習の場として、柔道整復師やスポーツトレーナー資格、健康指導士の資格を持った経験豊かなスタッフの施術を見て学びを深めます。

03. 経験豊かで多彩な講師陣から学ぶ!

多彩な講師陣

専門的な知識と技術を持った医師をはじめ、日本代表のチームトレーナーなど、豊かな経験と目覚ましい実績を持った多彩な講師の指導のもと、一人ひとりの可能性に挑みます。

日本を代表するインラインスケーターであり、本学健康科学科卒業生。現在同学科助手。2017年、中国で開催された世界選手権では日本代表初となる金メダルを獲得。その後、数々の世界大会に出場しタイトルを勝ち取る。2018年には渋谷109の広告モデルとしても活躍。地元岡山市で特別スポーツ栄誉賞受賞。2020 Be-Mag Award「世界でもっともスタイリッシュな女性スケーター」に輝く。

世界大会略歴 ※全て女子部門

2017 World Roller Games Nanjing(中国) 優勝

2018 FISE Hiroshima(日本) 優勝

2018 FISE Chengdu(中国) 優勝

2019 FISE Montpellier(フランス) 優勝

2019 World Roller Games Barcelona(スペイン) 優勝

内科学: 河合 洋二郎 先生


医学博士。河合内科西口クリニック 院長。

糖尿病専門医としての経験と知識を生かし、生活習慣病を中心に内科全般の診療を行う。公益財団法人日本スポーツ協会公認ドクター、日本内科学会認定内科医、産業医、学校医。

解剖学: 吉井 致 先生


医学博士。医学生の解剖学講義・解剖実習指導に従事。

医療系大学の解剖生理学講義も担当。平成28年より本学健康科学科の柔整国試対策のサポート、体育学科・健康科学科の解剖学講義担当。

04. 国内だけでなく、海外でも活動できる柔道整復師を目指す!

海外連携

2019年よりベルギー・ブリュッセル自由大学(ULB)との教育連携協定を結びました。

05. 地域連携活動を通して成長する!

様々な外部活動

障がい者スポーツ大会、岡山マラソン、BMX大会運営補助、高齢者に対する健康教室など様々なイベントに参加し、現場の雰囲気を直に感じることができます。

県内外の高校サッカーチーム参加の「IPUカップ」における救護サポート

盲学校での健康運動指導

岡山マラソン

高齢者に対する健康教室

スポーツトレーナーとして“使える能力”が身につくIPUのSAT活動

SATは、スポーツトレーナーを志す学生が集い活動しているサークルです。スポーツ選手の怪我の救急処置、競技復帰に向けたトレーニング指導など、「スポーツ選手をサポートしたい」という情熱をもって日々活動しています。

在学生のコメント

医療やプロスポーツの現場で活躍された先生の体験から学ぶ!

整骨院や病院での勤務経験がある方、プロスポーツチームの元トレーナーなど、経験豊富で信頼できる先生がたくさんいます。「臨床実習」では、IPU附属鍼灸接骨院を利用。物理療法の専用機器を実際に使用した経験は、施術の現場で役に立つと思います。

3年 安藤 陽奈乃さん

鳥取県立米子西高等学校 出身

実技の授業やテストを繰り返し技術もメンタル面もレベルアップ!

実技の授業では、友達と包帯を巻き合いながら楽しく学ぶことができます。実技のテストは緊張感がありますが、繰り返し行うことで技術が向上し、メンタル面も鍛えられます。目標は、柔道整復師の資格を取得し、医療従事者として活躍することです。

3年 美里 健さん

沖縄県立宮古高等学校 出身

福祉施設やスポーツジムで、利用者に教えながら学んでいます。

課外活動を通して実践的に学べるのが魅力です。老人福祉センターでの指導では、先生のアドバイスのもと、学生が運動内容を考案。フィットネスクラブでは、健康運動指導士の資格を持つ方から各種マシンの正しい使い方などを学び、一般のお客様に指導しています。

4年 福島 悠斗さん

島根県立平田高等学校 出身

カリキュラム

知識と技術、寄り添う心を持った専門家を目指す

※クリックで拡大することができます。

※掲載の科目は一部です。他にも様々な科目を選択できます。

卒業生のコメント

志に挑み、夢を叶えた卒業生たち。

IPUでの学びと経験が今につながっています。

内方 雄斗さん

医療法人TSC
タケダスポーツ・ビューティークリニック 勤務
(整形外科・リハビリテーション科)

健康科学科 2019年卒業

京都府立西舞鶴高等学校 出身

経験豊富な先生の指導のもと柔道整復師、アスレティックトレーナー、ストレングスなどの分野の専門知識を身につけながらトレーナーとして活動。さらに選手や患者様への対応を学べたことなどすべてが今につながっています。

医療人とスポーツトレーナー、どちらも全力で頑張っています!

中尾 公則さん

株式会社joyplus.
鍼灸整骨院 勤務

健康科学科 2020年卒業

広島県立広島商業高等学校 出身

私はIPUで、柔道整復師とアスレティックトレーナー、CSCSの資格を取得し、現在は整骨院に勤務しながら関西独立リーグに所属する野球チーム「神戸三田ブレイバーズ」でトレーナーをしています。学生時代から実際にトレーナーを経験できたことで、卒業してからも自信を持って活動できています。

機能訓練指導員としてやりがいを実感しています。

野々上 なつみさん

NPO法人
元気交流クラブ たけのこの家 勤務

健康科学科 2018年卒業

岡山県立津山東高等学校 出身

人前で話すことが苦手でしたが、学科代表としてスピーチコンテストに出場するなど、様々な経験を通じて苦手意識が吹き飛びました。現在、デイサービスで機能訓練指導員として勤務しており「あなたに会うのが楽しみ」と言っていただけるようになりました。

SNS

健康科学科の活動について、SNSで最新情報を発信中! ぜひご覧ください。