MENU
スマホ開閉メニュー
入試情報は受験生応援サイトをチェック!
IPU体育会の活動を発信しています!
次回10月9日(日) OPEN CAMPUS!その他のイベント詳しくは ▶

健康科学科 – 柔道整復師が支える健康とスポーツ

柔道整復師が支える健康とスポーツ

健康科学科では健康とスポーツを医学的側面からサポートすることが出来る柔道整復師を育成します。
大学の体育学部で医療国家資格「柔道整復師」を取得できるのはIPUだけです。
体育学部の学科だからこそ、医学分野の授業に加え、トップアスリートやスポーツ愛好家ならびに運動を通して健康を獲得したい人に対するフィジカルトレーニングや栄養、メンタルトレーニングなどの幅広い学問領域を学ぶことができます。
患者様やクライエントの要望に対し、結果に責任を持てる治療やトレーニングを提供できるように、医学的な根拠に基づいた健康科学を本学科では学んで行きます。

健康科学科のお知らせ

健康科学科を動画でご紹介

育成する人材

健康・医学の専門性を身に付け、広く人間の健康を科学する医療人

将来の主な活躍の場

接骨(整骨)院勤務・開業、病院・医院、医療系一般企業、公務員(保健職域)、スポーツ・フィットネスクラブ、プロおよび実業団チームにおけるトレーナー、福祉・介護施設 など

取得を目指す免許・資格

免許


● 【国家資格】柔道整復師免許

資格


■ 【国家資格】第一種衛生管理者
■ JATAC認定アスレチック・トレーナー
■ JPSUスポーツトレーナー※1
■ JSPO-AT※1
■ NSCA-CPT
■ NSCA-CSCS※1
■ 健康運動指導士
■ 健康運動実践指導者
■ 初級 障がい者スポーツ指導員
■ 【国家資格】フィットネスクラブ・マネジメント(FCM)技能検定3級
■ 柔道初段

※1 免許・資格取得には学内規定を充し、他学科の科目履修が必要となります。

コース紹介

柔道整復師・
メディカルサポートコース 
[選択時期:2年次後期]

確かな知識と実践力を備えた柔道整復師を目指す

柔道整復師・スポーツサポートコース 
[選択時期:2年次後期]

ダブル資格でスポーツトレーナー分野での活躍を目指す

柔道整復師・ヘルスサポートコース 
[選択時期:2年次後期]

健康運動指導に関する資格を併せ持ち、幅広い分野で活躍する人材を目指す

学びのトピック

国家資格免許取得 柔道整復師

柔道整復師は「接骨院」、「整骨院」の先生として広く知られ、骨・関節などの運動器に発生した骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの損傷に対し、手術をしない「非観血的療法」である柔道整復術によって人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させる施術を行う厚生労働大臣免許の医療国家資格者です。

資格取得後は、「接骨院」や「整骨院」を開業できる他、整形外科クリニックや病院などで働くこともできます。また最近はスポーツチームおよび選手専属のスポーツトレーナーや介護福祉施設で運動器の機能訓練に従事することができるなど活躍の場は広がっています。

TEACHER’S POINT

医師以外で怪我の対応ができる唯一の免許です。現場で重宝される資格ですよ。

坂本 賢広 助教
修士(スポーツ健康科学)/柔道整復師
専門領域:スポーツ医学(内科系)/柔道整復学/アルティメットフリスビー

いろんな資格に挑戦しよう!

キャリアサポート資格

健康科学科では、国家資格「柔道整復師」の資格を中心に、多彩な資格にチャレンジすることができます。希望進路に向けた資格取得サポートがあり、多くの合格者を輩出しています。

TEACHER’S POINT

様々な資格の勉強を通して、幅広い知識と技能を身につけ、柔道整復師+αの挑戦を後押ししていきます。

宮本 彩 講師
博士(スポーツ健康科学)/健康運動指導士
専門領域:スポーツバイオメカニクス/トレーニング科学/障がい者スポーツ

西日本各地に臨床実習施設として提携している接骨院・病院などがあります。

臨床実習

TEACHER’S POINT

カウンセリングについて学び、心理ケアの技法に触れることで、子どもの心に寄り添い、保護者と連携できる教員を目指します。

簀戸 崇史 助教
修士(人間科学)/柔道整復師/鍼灸師/JPSU-ST
専門領域:人間科学/柔道整復学

トライフープ岡山(プロバスケットボールチーム)のホームゲームでトレーナー研修を実施!

トレーナー研修

TEACHER’S POINT

プロスポーツを近くで支える経験ができます。近くで肌で感じることができるのは貴重だと思います。

畑島 紀昭 講師
修士(保健医療学)/柔道整復師/鍼灸師/JPSU-ST
専門領域:感染管理学/柔道整復学

国内だけでなく、海外でも活動できる柔道整復師を目指す!

海外連携

TEACHER’S POINT

2019年よりベルギー・ブリュッセル自由大学(ULB)との教育連携協定を結びました。国内だけでなく海外でも活動できる柔道整復師を一緒に目指してみませんか?

小玉 京士朗 准教授
健康科学科 副学科長
修士(人間科学)/柔道整復師/障がい者スポーツトレーナー
専門領域:柔道整復学/スポーツ医学(サッカー領域)/リハビリテーション(整形外科領域)/障がい者スポーツ

カリキュラム

4年後に「目指す進路」を実現する
学びのフィールド

スクロールできます

在学生の声

健康科学科 サッカー部 学生トレーナー
森 海人さん 2年
[ 名古屋高校 出身 ]

学んだことをすぐに現場で
活かせる環境のおかげで
アスレティックトレーナーの夢に向かって成長しています!

私は将来、柔道整復師の資格免許をもったアスレティックトレーナーになりたいと考えIPUに入学しました。現在は柔道整復師やアスレティックトレーナーなどさまざまな資格取得を目指し、勉学に励んでいます。そして、学生トレーナーとしてサッカー部に所属しています。IPUの魅力は、授業で学んだことを実際の現場で活かせる環境が身近にあるということです。選手のリハビリをサポートする際に、授業で学んだことを思い出し、それを実践することができるので知識がより定着していると実感しています。「整復学実技」という授業では、友人同士アドバイスをしながら技術を身につけています。経験豊富な先生方からの具体的なエピソードやアドバイスもとても参考になります。同じ目標をもった友人や夢をサポートしてくれる先生方が多くいるので、日々刺激し合いながら楽しく成長することができています。

1年次の時間割モデル

関口 千夏さん 2年
[ 鳥取県立境高等学校 出身 ] ラグビー部 学生トレーナー

医療やプロスポーツの現場で活躍された先輩や教員の体験から学ぶ!

1年生の頃から包帯の実技があり、トレーナーとして体育会に所属し選手にテーピングを巻いたり怪我からの復帰のサポートをすることができます。実践的に学べるので知識、技術、精神面、全てを鍛えることができます。SATは、学年を超えて交流があり、理解習得する自分の成長も感じています。

當山 元基さん 2年
[ 沖縄県立西原高等学校 出身 ]

柔道整復師の資格を取得し、信頼され、患者の心に寄り添える医療従事者になりたい

解剖学や生理学の講義は、覚えることが多く大変ですが、好きなスポーツや日常生活に関連づけることによって楽しく学習することができます。先生方も勉強が楽しく出来るような取り組みをしてくれるので学習の習慣が身につき成績の向上につながりました。資格取得に向け計画的に学習に取り組みます。

尾林 咲美さん 3年
[ 広島県立賀茂高等学校 出身 ]

理論と実践を同時に学べるから深く理解することができます!

現場で発生した外傷の状況を想定し、その想定した外傷の処置を同級生の体を患者に見立てて行う「整復学実技」という授業があります。その授業では固定や整復などの実技だけでなく、先生の経験談や教科書に載っていないような知識まで学ぶことができ、より理解しやすいです。

卒業生のコメント

恵まれた環境で学び、接骨院を開業しました。

経験豊富な先生の指導のもと柔道整復師、アスレティックトレーナー、ストレングスなどの分野の専門知識を身につけながらトレーナーとして活動。さらに選手や患者様への対応を学べたことなどすべてが今につながっています。

今井 寛人さん
株式会社Reto 今井接骨院 院長
健康科学科 2016年卒業
開星高等学校 出身

IPUでの学びがスポーツトレーナーの活動に活きています。

私はIPUで、柔道整復師とアスレティックトレーナー、CSCSの資格を取得し、現在はインディゴコンディショニングハウスに所属し、毎日インディゴソックスでのトレーナー活動を行なっています。学生時代から実際にトレーナーを経験できたことで、卒業してからも自信を持って活動できています。

中尾 公則さん
インディゴコンディショニングハウス所属
インディゴソックストレーナー
健康科学科 2020年卒業
広島県立広島商業高等学校 出身

機能訓練指導員としてやりがいを実感しています。

人前で話すことが苦手でしたが、学科代表としてスピーチコンテストに出場するなど、様々な経験を通じて苦手意識が吹き飛びました。現在、デイサービスで機能訓練指導員として勤務しており「あなたに会うのが楽しみ」と言っていただけるようになりました。

野々上 なつみさん
NPO法人
元気交流クラブ たけのこの家 勤務
健康科学科 2018年卒業
岡山県立津山東高等学校 出身

学部長・学科長メッセージ

体育学部の目指す「スポーツと教育の融合」

体育学部 学部長
スポーツ科学センター長
三浦 孝仁 教授
博士(医学)

体育学部では、現代社会が求める体育・スポーツの意義と価値を教育へ反映するために、最先端の機器及び設備を備えた施設を活用し、地域との密接な連携を進めております。学生の皆さんが「夢・挑戦・達成」を実現できるよう、教職員一同が全力で支援する体制を整え、教員・公務員・企業人・研究者・スポーツ指導者・トレーナー、そして、アスリートをサポートする医療国家資格を有する治療家を育成しています。人生100年時代、体育・スポーツへの期待は膨らみ、可能性は無限です。私達とIPUで考え、地域に合わせて行動し、グローバルな活躍に挑戦してみませんか(Think locally, act regionally, leverage globally)。

専門領域:体力科学(筋力トレーニング)/障害者スポーツ(SCUBA DIVING)
岡山大学名誉教授。岡山市スポーツ推進審議会会長。公益財団法人岡山県スポーツ協会スポーツ医・科学委員会委員。一般財団法人岡山市スポーツ協会常務理事・スポーツ振興委員会・委員長

さあ、大きな夢の実現に向け健康科学科でチャレンジを始めよう!

健康科学科 学科長
附属鍼灸整骨院院長
古山 喜一 教授

柔道整復師は、日本古来より伝わる伝統医学を継承した柔道整復術を用い、患者様自身が持つ自然治癒力を最大限に発揮させる施術を行う医療国家資格者です。健康科学科では、骨・筋肉・関節・靭帯といった運動器の損傷に対して、常に科学的な視点でアプローチを行い、患者様に心で接することができる柔道整復師を養成しています。

専門領域:柔道整復/健康運動/スポーツコンディショニング
修士(体育学)。専門分野は柔道整復・健康科学。(公)日本柔道整復研修試験財団柔道整復認定実技審査委員、(公)健康・体力づくり事業財団健康運動実践指導者実技評価員 等。

SNS

健康科学科の活動について、SNSで最新情報を発信中!

健康科学科SNSアカウント

イベント情報