MENU
スマホ開閉メニュー
入試情報は受験生応援サイトをチェック!
IPU体育会の活動を発信しています!

発達の心理―ことばの獲得と学び

発達の心理―ことばの獲得と学び

著者名:内田 伸子 著
出版社:サイエンス社
初版:2017年2月発行
ISBN:9784781913926

著書の内容

本書では「人間は生まれてから死ぬまでどのように発達するか」という発達心理学における基本的な問いに答えるために人間の証左である言語に焦点をあて、ことばの獲得と教育という視点から、人間の発達を描き出しています。

著書の内容

本書では「人間は生まれてから死ぬまでどのように発達するか」という発達心理学における基本的な問いに答えるために人間の証左である言語に焦点をあて、ことばの獲得と教育という視点から、人間の発達を描き出しています。

著者について

著者名:内田 伸子
役職:環太平洋大学 次世代教育学部 こども発達学科 教授
専門領域:発達心理学/言語心理学/認知科学/保育学
経歴:お茶の水女子大学文教育学部卒業、同大学院修了、学術博士。お茶の水女子大学文教育学部専任講師、1980年より助教授、1990年より教授、2005年よりお茶の水女子大学理事・副学長。現在お茶の水女子大学名誉教授。2019年より現職。著書に『よくわかる乳幼児心理学』(ミネルヴァ書房、2008)、『発達の心理―ことばの獲得と学び』(サイエンス社、2017)『子どもの見えている世界一誕生から6歳までの「子育て・親育ち』(春秋社、2017)ほか多数。