MENU
スマホ開閉メニュー
入試情報は受験生応援サイトをチェック!
IPU体育会の活動を発信しています!
次回10月9日(日) OPEN CAMPUS!その他のイベント詳しくは ▶

対話的な算数授業に変える 教師の言語活動

対話的な算数授業に変える 教師の言語活動

著者名:前田 一誠・全国算数授業研究会【共著】分担執筆 著

出版社:東洋館出版社

初版:2019年8月発行

ISBN:9784491037561

著書の内容

子どもと教師の言葉で編む算数授業。指導案通りの展開に当てはめていくのではない、子どもの声を反映して軌道修正していく授業を、いかにつくりあげるか。対話的な算数授業のための教師の言語活動の事例をまとめました。

著者コメント

この本は、授業中における教師の内言や発問、指示、板書といった言語活動に焦点をあてています。
算数の授業中、教師は何を考えながら授業を展開しているのか、そしてどのような判断を即時的に下しているのかという教師の本音をさらけ出したのがこの本です。

著書の内容

子どもと教師の言葉で編む算数授業。指導案通りの展開に当てはめていくのではない、子どもの声を反映して軌道修正していく授業を、いかにつくりあげるか。対話的な算数授業のための教師の言語活動の事例をまとめました。

著者コメント

この本は、授業中における教師の内言や発問、指示、板書といった言語活動に焦点をあてています。
算数の授業中、教師は何を考えながら授業を展開しているのか、そしてどのような判断を即時的に下しているのかという教師の本音をさらけ出したのがこの本です。

著者について

著者名:前田 一誠
役職:環太平洋大学 次世代教育学部 教育経営学科 教授
専門領域:算数科教育/教育方法学
1973年、佐賀県生まれ
経歴:福岡教育大学大学院教育学研究科修士課程修了 修士(教育学)
福岡県公立小学校、広島大学附属小学校を経て2016年環太平洋大学に着任
2021年度より教育経営学科学科長