MENU
スマホ開閉メニュー
入試情報は受験生応援サイトをチェック!
IPU体育会の活動を発信しています!
次回12月4日(日) miniOPEN CAMPUS!その他のイベント詳しくは ▶

毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる!

毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる!

著者名:吉岡 利貢 著
出版社:ソフトバンククリエティブ(SB新書)
初版:2011年9月発行
ISBN:4797364416

著書の内容

マラソンのパフォーマンスを決める3要素、最大酸素摂取量、無酸素性代謝閾値、そしてランニングエコノミーについての解説と、それらを高める「クロストレーニング」の具体的な方法について解説しています。

著者コメント

体育学部で学ぶ「運動生理学」と「トレーニング論」に関係する内容を平易な表現で解説しています。これらの科目の受講生、陸上競技部の選手、ケガせず持久力を高めたい球技種目の選手におススメの1冊です。また、将来、フィットネスクラブへの就職を考えている学生にとっては、趣味でマラソンを走るお客さんへの指導にも有益な情報を多く含んでいます。

著書の内容

マラソンのパフォーマンスを決める3要素、最大酸素摂取量、無酸素性代謝閾値、そしてランニングエコノミーについての解説と、それらを高める「クロストレーニング」の具体的な方法について解説しています。

著者コメント

体育学部で学ぶ「運動生理学」と「トレーニング論」に関係する内容を平易な表現で解説しています。これらの科目の受講生、陸上競技部の選手、ケガせず持久力を高めたい球技種目の選手におススメの1冊です。また、将来、フィットネスクラブへの就職を考えている学生にとっては、趣味でマラソンを走るお客さんへの指導にも有益な情報を多く含んでいます。

著者について

著者名:吉岡 利貢
役職:体育学科教授、スポーツ科学センター主幹研究員、 陸上競技部・中長距離コーチ(駅伝監督)
専門領域:体力学
1978年兵庫県生まれ
経歴:2001年静岡大学教育学部卒、2008年筑波大学大学院人間総合科学研究科単位取得退学。博士(体育科学)。筑波大学体育センター・準研究員、筑波大学スポーツR&Dコア・研究員を経て、環太平洋大学に着任。